コンプレックスを、楽しもう

肌トラブル回避!美肌を作る洗顔法

2015.12.14 MON

しつこい大人ニキビで悩んでいる方。肌寒い季節になると、肌がボロボロになってしまう方。繰り返す肌トラブルは、もしかしたら毎日の洗顔方法が間違っているのかもしれません。自分では正しいと思っていても、実は間違っていたなんてこともあるでしょう。そこで今回は「美肌を作る洗顔方法」と題して3つの方法をご紹介します。


1.自分の肌質に合ったクレンジング剤を使用する

乾燥肌・敏感肌・脂性肌・混合肌など、人それぞれ肌のタイプは違います。化粧品を購入する時に、自分の肌質に合わせて選ぶ方はたくさんいらっしゃいますがクレンジング剤はどうでしょうか。自分に肌質にあったクレンジング剤を選んでいる方は、意外と少ないのです。クレンジングはただでさえ肌に負担がかかりますので、肌質に適したクレンジング剤を選ぶことが大切です。クレンジング剤は、クリーム・オイル・シートと大きく分けて3つのタイプに分けられます。クレンジングシートは、毛穴の奥に詰まった汚れを落とすことが難しいので、肌トラブルを抱えている方には、あまりオススメできません。またオイルクレンジングは、肌の健康を保つために必要不可欠な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。よって、乾燥肌の方にはあまりオススメできません。どの肌質の方にも合うのは、クリームタイプのクレンジング剤です。洗浄力はあまり強くないので、ゆっくりと時間をかけてクレンジングすることをオススメします。

2.朝の洗顔はぬるま湯で大丈夫

洗顔料を使いすぎると、肌の健康を保つために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。1日の汚れを落とすための洗顔は、洗顔料を使用された方が良いと思いますが、朝の洗顔は寝ている間の皮脂や汗を軽く流すだけで良いので、ぬるま湯で洗い流すのが1番です! ニキビで悩んでいる方の中には、皮脂が毛穴に詰まっていると思い込んで、1日に何度も洗顔料で洗い流す方がいらっしゃいます。しかし、それは逆効果! 洗いすぎないことで適度な皮脂が残り、皮膚の表面の水分も保たれ、肌の健康へとつながるのです。

3. 顔をゴシゴシするのはNG! 泡で包み込むのが原則

顔をゴシゴシ洗えば、汚れが落ちるわけではありません。肌への強い刺激は、皮膚の表面を傷つけて雑菌が入りやすくなってしまうのです。美肌を作るための洗顔方法には、3つのポイントがあります。

〈1〉たっぷりの泡で顔全体を包みこむこと。
〈2〉丸く円を描くようにマッサージすること。
〈3〉顔に優しく触れるような力加減で洗うこと。

以上、美肌を作るための3つの洗顔方法をご紹介しました。ご自分の毎日の洗顔方法と比べていかがでしたか? 洗顔は、肌の美しさを保つための基本となるスキンケアです。たっぷりと時間をかけて、肌を労ってあげましょう! 高級美容液やサプリメントに頼る前に、もう1度自分の洗顔を見直してみましょう。
(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト