脱ストレス!で生活充実術

最新ノイズキャンセリングの実力は

2015.12.24 THU

脱ストレス!で生活充実術


にぎやかな喫茶店で「QuietComfort(R) 20」のノイズキャンセリング機能を試してみたところ、驚くほど静かに!

驚きの消音性能を実体験!



通勤中に音楽、仕事中にメールのチェック、休憩時間にはゲームや動画鑑賞など、オン・オフを問わず、日夜手放せないほど生活に根づいたスマホ。そんなみんなのスマホライフをさらに快適にしてくれそうなのが、「ノイズキャンセリング」の技術を搭載したBoseのイヤホン「QuietComfort(R) 20」! コンパクトな見た目は一見すると普通のイヤホン。しかし、「QuietComfort(R) 20」に詰め込まれているのは、30年以上の研究によりBoseが実現したノイズキャンセリングの高い技術。内蔵された2つのマイクが周囲の騒音を感知するのと同時に、相殺する逆位相の音波を作り出しノイズをカットしてくれるというハイテクイヤホンだ! これさえあれば、スマホで音楽を楽しむことはもちろん、周囲が騒音状態でも、静かな環境で仕事に集中できる、まさにオン・オフ問わずに活躍してくれそう! さて、その実力はいかほど…というワケで、騒音だらけの街中に立ち、実際に試してみた。

まずは装着。シリコン製のチップが耳の穴に優しくフィットしてくれるので、この時点でかなり騒音はカットされたような…。しかし! そこからノイズキャンセリングをオンにしてみたところ…これはまるで別世界! さっきまであったはずの電車や車の走る音、人の足音や声などが消え、水中にいるような静寂が訪れた。再びノイズキャンセリングをオフにしてみると、うーん…その違いは歴然!

続いてノイズキャンセリングをオンにしたまま聴き慣れた音楽を再生してみると、ここにも驚きが…。今まで気づかなかったサウンドエフェクトやアーティストの息遣いまでが手に取るようにわかり、曲の印象も違って聴こえる。音質にこだわるBoseの本格サウンドとノイズキャンセリング機能があわさることで、今まで味わったことのない音楽の魅力を感じることもできるようだ。

静かなリラックスタイム、音楽や動画のエンジョイタイムなど、思い通りの自分時間を満喫するのにぴったりの「QuietComfort(R) 20」。さらに周囲の不快な騒音のみを抑え、人の声などを聴き取りやすくする「Awareモード」も搭載されており、街中の騒音を消しつつも、お店の人と会話をしたり、駅のアナウンスを聞いたりすることも可能。実際に電車内では、いつも聞こえていたブレーキ音や扉の開け閉めの音は感じず、聞きたいアナウンスの声だけを聴き取ることができた。今までのように、必要に応じてイヤホンを付けたり外したりしなくていいのもうれしいポイント。

約16時間連続使用OKと、現代人のスマホスタイルにもピッタリとハマりそうな「QuietComfort(R) 20」。驚きの消音性能をぜひ自分の耳で体験してほしい!
  • Boseのオーディオパフォーマンスとノイズキャンセリング機能を搭載した「QuietComfort(R) 20」。音楽を楽しむのはもちろん、ビジネスシーンでも活用できそう!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト