時間、自由、お金…既婚男性100人が選んだのは?

独り身がうらやましい瞬間TOP5

2015.12.29 TUE

世論調査


「休日にごろごろしてると家事の手伝いをしたらって言われるし、掃除しだして邪魔者扱いされる。外に出掛けようとしたら買い物に付き合わされるし、どこか連れてけってなる」(39歳)と休日を自由に使いたい夫からはこんな悲痛な叫びも
年末年始の長期休暇。既婚者は、互いの実家に帰省するなど忙しく過ごしているかもしれない。しかし、ふと周りを見渡すと窮屈な自分に比べて、自由気ままで楽しそうな独身者がたくさん…。そんな“独身貴族”を見て、既婚者なら一度は「うらやましい」と思ったことがあるだろう。そこで、20~30代の既婚男性会社員100人に「独り身の男性がうらやましい」と感じることを調査してみた。

●独り身の男性がうらやましいと思うことTOP5
(全12項目から上位3項目を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 お金が気兼ねなく自由に使える 168pt
2位 休日を気兼ねなく自分の趣味に使える 103pt
3位 一人の時間を十分持てる 96pt
4位 妻に小言を言われなくて済む 62pt
5位 カワイイ女性にアタックできる 44pt

番外
6位 友人や同僚との飲み会などに自由に行ける 29pt
7位 趣味などの新しいことにチャレンジしやすい 21pt
8位 (付き合いなども含め)合コンに参加しやすい 19pt

「お金が気兼ねなく自由に使える」が1位。「お小遣い」制にしろ「財布は別々」の夫婦にしろ、結婚している以上、家計にお金が取られていくのは当然のこと。それでもやはり、自分が稼いだお金は自分で使いたいという思いがあるようだ。

2位は「休日を気兼ねなく自分の趣味に使える」、3位は「一人の時間を十分持てる」がランクイン。好きなことができる時間というのは、結婚するとどうしても少なくなってしまい「うらやましい」と感じる部分になるようだ。上位の項目について、詳しいコメントを聞いた。

【1位 お金が気兼ねなく自由に使える】
「結婚すると、基本的に自分のためのお金はなくなる」(35歳)
「欲しいものを購入できる。今は、妻に許可をとって購入しているから」(33歳)
「お金がたくさんあればできないこともできる気がする」(39歳)
「給料の大部分を生活費に充当しなければならないから」(39歳)
「お金が自由に使えたら、投資をしてどーんと稼ぎたい」(31歳)
「自分のことしか考えなくていいから」(35歳)

【2位 休日を気兼ねなく自分の趣味に使える】
「自由が一番うらやましい」(31歳)
「休日は、家族と過ごすことがメインで、自分のことをする時間がないので」(39歳)
「何かと家庭のことを気にしなくてはならなくなるので」(36歳)
「休みの日が家事や買い物等で、結局休みの日ではなくなるため」(34歳)
「独身時代のように一人で過ごしたいときがある」(29歳)

【3位 一人の時間を十分持てる】
「1人になりたい時もなかなかなれないから」(33歳)
「いろいろやりたいことができない」(37歳)
「自分の好きなことをしている時は、話しかけられたくないから」(32歳)
「誰にも邪魔されず自由で気ままな時間を持てること。結婚するとなかなか取れない」(33歳)

【4位 妻に小言を言われなくて済む】
「お金の使い方を管理されない」(33歳)
「いちいちうるさい。干渉される」(39歳)
「とにかくうるさいから」(38歳)

【5位 カワイイ女性にアタックできる】
「新入社員が可愛い」(37歳)
「出会いがあったりするから」(36歳)
「自由な時には思わなかったので」(35歳)

どの項目にも「お金」「時間」「自由」に関するコメントがあり、既婚男性の肩身の狭さを象徴する結果となった。ただ、浮気につながるような「カワイイ女性にアタックできる」「合コンに参加しやすい」といった項目は上位にはあがってこず、それよりもまずは思い切り使えるお金と時間がほしいということのようだ。とはいえ、一緒に暮らしているからこそ、楽しめることや協力できることも多くあることをお忘れなく!

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト