好きだった子が“劣化”、収入・肩書格差問題も

同窓会でガッカリすることTOP10

2016.01.03 SUN

世論調査


かつては一緒にジュースやコーラを飲んでいた仲。今は酒を酌み交わし、盛り上がるのは格別のひと時だろう 写真:Ushico / PIXTA(ピクスタ)
年末年始で実家に帰り、同窓会に参加した人も多いだろう。同級生たちと会うのは楽しいものだが、久々すぎて時の流れの残酷さに衝撃を受けることもきっとあるはず。そこで、25~34歳の男性会社員200人に、「同窓会でガッカリすること」についてアンケート調査を行った。

■同窓会のガッカリポイントTOP10
(12の項目から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 好きだった女の子が昔より可愛くなかった 220pt
2位 友人に名前を思い出してもらえなかった 159pt
3位 好きだった女の子が意外な男と結婚していた 150pt
4位 仲の良い同級生に限って参加していなかった 104pt
5位 同級生の風貌の変化を感じて、自分の年齢を再認識した 98pt
6位 同級生と肩書や収入に格差があった 83pt
7位 昔、自分が振った女の子が可愛くなっていた 73pt
7位 女の子の化粧に違和感が拭いきれなかった 73pt
9位 仲の良かった同級生と話が噛み合わなかった 65pt
10位 同窓会の場で仕事の営業をかけられた 62pt

※番外
11位 「同級生との恋」を期待したが、何も起こらなかった 54pt
12位 学生時代と同じノリで盛り上がったものの、後半息切れするなど年齢を感じた 44pt

ダントツだったのは、「好きだった女の子が昔より可愛くなかった」。3位の「好きだった女の子が意外な男と結婚していた」もそうだが、ドキドキしながら同窓会に参加したら、美しい過去が崩される…。こんなにショックなことはない。また、2位の「友人に名前を思い出してもらえなかった」は、もし実際に遭遇したら悲しいことこの上ない。楽しいはずの同窓会に冷たい空気が流れるだろう。回答者には、その項目を選んだ理由とともに、実際に身に降りかかった災難も教えてもらった。

【1位 好きだった女の子が昔より可愛くなかった 220pt】
「過去を汚された感じがするから」(28歳)
「美貌の衰えは年数の経過を如実に実感させてくれるものであり、落ち込んでしまうから」(29歳)
「昔を美化していただけだったのだと思う」(30歳)
「スッピンなら分かるが、明らかに太った。。。」(31歳)
「なんとなく裏切られた気分になるから」(33歳)

【2位 友人に名前を思い出してもらえなかった 159pt】
「似たような名前のやつと間違われた」(25歳)
「自分は覚えていることとの差が残念だから」(28歳)
「その場にもなじめないだろうと思うから」(31歳)
「実際に同じ経験をしたことがあり、当時仲の良かった人に名前を忘れられていてさびしい思いをしたことがあるから」(31歳)

【3位 好きだった女の子が意外な男と結婚していた 150pt】
「もう関係ないと分かっていても、釣り合わないとショックを受ける」(26歳)
「自分よりレベルが下と思ってた人と」(29歳)
「予想もしない衝撃が全身を襲った」(33歳)
「もっと頑張っていれば…」(34歳)

【4位 仲の良い同級生に限って参加していなかった 104pt】
「それ目的だったのにいないとガッカリする」(28歳)
「話が合う人間がいなかった」(30歳)
「交遊関係が狭かったので、参加してないと話し相手がいない」(32歳)

【5位 同級生の風貌の変化を感じて、自分の年齢を再認識した 98pt】
「周りに同年代が少ないので、同窓会とかの機会に自分の年がもう若くないと再確認するので」(29歳)
「自分の年齢の積み重ねを強く意識させられて、少し気分が落ち込むから」(29歳)

【6位 同級生と肩書や収入に格差があった 83pt】
「これが一番切ない。自分が学歴でもトップなのに。高学歴ワーキングプアの波がひどいことを再認識」(28歳)

【7位 昔、自分が振った女の子が可愛くなっていた 73pt】
「付きあっとけばとの後悔」(29歳)

【7位 女の子の化粧に違和感が拭いきれなかった 73pt】
「昔は清純派だったのに今はキャバ嬢みたいだった」(31歳)

【9位 仲の良かった同級生と話が噛み合わなかった 65pt】
「住む世界が違ってしまったことがわかり、これからつきあえないのではと思い、がっかりした」(29歳)

【10位 同窓会の場で仕事の営業をかけられた 62pt】
「友情にお金はからませてほしくない」(34歳)

過去は美化されるものか…確実に経過した時間に応じて、女の子や友人はもちろん自分も変化した結果、ガッカリが生まれている様子。

とはいえ、旧友と飲み交わす酒は昔話に花が咲き、楽しいひと時になるもの。過大な期待をせぬようにしていれば、ガッカリも避けられるかも?
(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト