洋服、メニューetc.に対するベストアンサーは?

質問の真意を探れ!女心の本音調査

2016.01.08 FRI

世論調査


カフェなどでメニューについて彼女から聞かれたときに「○○(彼女)に合わせるよ」とか「○○は何にするの?」など、彼女に主導権を丸投げするのはよくない回答のよう
彼女とのデートシーン。レストランで、ショッピングで、自宅で…正直意味のわからない質問に戸惑うことはないだろうか? ちゃんと返答したつもりでも、嫌な顔をされたり、機嫌を損ねてしまったり…。どうやら女性の言葉には、表面だけではわからない「隠れた真意」がある模様。そこで、男性と交際経験のある20~30代の未婚女性200人に「彼氏によくする質問の意図として『本音』に近いこと」を調査してみた(協力/アイリサーチ)。

質問1)
洋服選びに付き合っているときに「どっちがいいと思う?」

まずは定番のこの質問から。「正直、どっちでもいい…」と思いつつ、どちらか一方を答えたとしても結局、別の洋服を選んでいたり…。何が本音なのだろうか。

1位 心は決まっているが、参考までに聞いただけ 52.0%
2位 彼の好みに合わせたいから 32.0%
3位 「どっちもいいね」と言って後押ししてほしい 10.0%
4位 自分の好みを把握してくれているか試したい 4.0%
5位 「どちらもイマイチ」と言って買うのを止めてほしい 2.0%

「心は決まっているが、参考までに聞いただけ」が半数超え。自分の好みを答えつつ、「でもどっちもいいね」と返すくらいが無難なようだ。一方、2位には「彼の好みに合わせたい」が入ったことから、適当な選択は逆鱗に触れる可能性もある。気をつけよう。

質問2)
外食のメニューを選んでいるときに「何食べるの?」

これもよく聞かれる質問。「何でもいいじゃん」と思って、男は適当な答えを返しがちだが、女性はどう考えているのだろうか。

1位 特に意図はない。無言の時間をつくりたくないから 37.5%
2位 別メニューを頼んでシェアしたいから 35.0%
3位 同じくらいの値段のメニューを選びたいから 18.0%
4位 メニューのチョイスでセンスを計りたいから 5.0%
5位 先に誰かが決めないと自分が選べないタイプだから 3.5%
6位 同じメニューを選びたいから 1.0%

結果は僅差ではあるものの「特に意図はない」が1位に。2位は「別メニューを頼んでシェアしたいから」が入り、この2項目で7割を超えている。このことから、メニューを選ぶ際は、彼女との会話を楽しみつつ、早めに決めてあげるのが男の優しさといえそうだ。

質問3)
自宅にいるときに「前の彼女とどうして別れたの?」

不意打ちでこの質問をされ、口ごもってしまったことはないだろうか。元カノの話なんて、積極的にしたくはないが、ヘンに隠すのも後ろめたい。彼女はどんな意図で聞いているのか。

1位 今後のために、彼の許せないポイントを知りたいから 41.0%
2位 もう未練がないか探り出したいから 19.0%
3位 特に意図はない。無言の時間をつくりたくないから 15.5%
4位 前の彼女に負けないように頑張りたいから 14.0%
5位 彼の方に問題があったのでは、と疑っているから 10.5%

これからの関係に生かそうと考える「今後のために、彼の許せないポイントを知りたいから」が4割超えで1位。しかし、最下位の「彼の方に問題があったのでは、と疑っているから」でも10.5%となるなど票は割れた。それぞれの項目についてのコメントを紹介しよう。

【1位 今後のために、彼の許せないポイントを知りたいから】
「答えられる範囲で具体的に教えて欲しい。今後の参考にしたい」(25歳)
「こんなことがあって別れたと、本当の理由を知りたい」(38歳)
「あくまでも理由を聞きたいので悪口にならないように話してほしい」(33歳)
「女性を許せないポイントがあるのか知りたいから、素直に教えてほしい」(32歳)
「具体的なこういう理由、経緯で…って聞けると、納得出来て良い」(29歳)

【2位 もう未練がないか探り出したいから】
「具体的なエピソードを交えて詳しく教えてほしい」(37歳)
「好きなのに別れたなら嫌だから、こういう所が嫌で別れたと言ってほしい」(31歳)
「『価値観が合わなかった』が一番無難で良い。未練はないんだなって思えるから」(26歳)
「相手をもう完全に好きではないということが分かる言葉がほしい」(29歳)

【3位 特に意図はない。無言の時間をつくりたくないから】
「なんとなく聞くだけなので事実をそのまま言ってくれたら良い」(23歳)
「元恋人同士が、どちらとも前向きに感じるような答えがほしい」(32歳)
「話したくなければ、話さなくて良いし、話してくれるのであれば、事実だけ話してもらえればそれで良い」(30歳)
「正直に話して欲しい。好奇心で聞きたい」(38歳)
「具体的なことは言わず『なんでだろう?』とかわしてほしい」(35歳)

【4位 前の彼女に負けないように頑張りたいから】
「元カノより今の自分をもっと好きになってほしいから」(27歳)
「前の彼女以下と思われたくない。前の彼女よりいい彼女だと思って欲しいから」(23歳)
「嫉妬深いとかマイナスな面を教えてほしい」(27歳)

【5位 彼の方に問題があったのでは、と疑っているから】
「自分に問題があったなら尚更、自分の悪いところも包み隠さずに話してほしい」(33歳)
「訊くけど、答えてくれないほうが嬉しい。過去のことは知りたいようで知りたくないので」(38歳)
「彼が原因でないほうがいい。性格などに問題があるとは思いたくない」(37歳)

どのコメントも納得だが、それゆえに自分の彼女がどのタイプなのかを見極めるのは難しい。どんな女性にも通用する魔法の回答があればいいんですけどねぇ。

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト