男同士は情報共有をしないもの!?

男の合コンライバルけん制方法TOP5

2016.01.15 FRI

世論調査


ほか、【気になる女子の前でライバルのことを悪く言う】「(人の悪口を言ったことで、女子に)逆に嫌われてしまった」(23歳)、【ライバルを酔わせて潰す】「自分の方が酔った」(31歳)、【「あの子はナシだよな?」と、ライバルに気になる子のことを悪く言う】「雰囲気を悪くしただけだった」(31歳)など、手法がダーティーになればなるほど自分の評価を下げることに 画像提供/msv / PIXTA(ピクスタ)
合コンなどの出会いの場では、魅力的な女子の競争率は総じて高いもの。一緒に参加した友人と同じ女子を気に入ってしまい、楽しいはずの合コンが熾烈な争奪戦に…なんてこともあるかも。そんなとき、お気に入りの女子にしっかりとアプローチするのはもちろんのこと、ライバルに対してはどのようなけん制をしているのだろう? お気に入りの子を見つけた時の同性に対するけん制の方法について、20~30代独身会社員男性200人にアンケートを行い、11項目の行動について「経験がある」「経験がない」のどちらかを選んでもらった。

〈気になる女子がライバルとカブった合コンで、とったことのあるけん制法TOP5〉
1位 帰り道で気になる女子を自分1人だけで送っていく 経験アリ11.5%(経験ナシ88.5%)
2位 「俺あの子狙うわ」とライバルに裏でしっかり言う 経験アリ9.0%(経験ナシ91.0%)
3位 常に気になる女子のとなりの席を死守する 経験アリ7.0%(経験ナシ93.0%)
4位 みんなの前で「キミ可愛いね」と狙っていることをアピールする 経験アリ6.0%(経験ナシ94.0%)
5位 ライバルに「あの子がお前のことイイって言ってたぞ」と、他の女子を強く勧める 経験アリ4.0%(経験ナシ96.0%)
5位 「あんないい子、俺たちには高嶺の花すぎて無理だよな」と、気になる女子を過剰にほめて、ライバルに分不相応である印象を与える 経験アリ4.0%(経験ナシ96.0%)

※番外編
7位 気になる女子の前でライバルのことを悪く言う 経験アリ3.5% 経験ナシ96.5%
8位 「あの子はナシだよな?」と、ライバルに気になる子のことを悪く言う 経験アリ3.0% 経験ナシ97.0%

1位の「女子を送っていく」は、10人中1人は経験がある計算だが、全体的に「経験ナシ」が優勢な結果に。たとえお気に入りの女子の取り合いになったとしても、ライバルに対しては特に何の対策もしないという人が多いようだ。では、「経験アリ」と答えた少数の”策士”たちは、ライバルをけん制したことでどんな成果を得たのか? アンケート上位へ寄せられたエピソードについてもご紹介しよう。

【1位 帰り道で気になる女子を自分1人だけで送っていく】
「ふたりで2次会ができた」(23歳)
「そのまんま持ち帰った」(31歳)
「話す時間が人より大きなってよかった」(31歳)
「帰り道の最後に告白してうまくいった」(39歳)
「送っていくと申し出たがお断りされた」(30歳)
「ただ送っただけで終わった」(30歳)

【2位 「俺あの子狙うわ」とライバルに裏でしっかり言う】
「ライバルが離れていってくれた」(35歳)
「正々堂々戦えた」(29歳)
「(ライバルと話がまとまらず)じゃんけんになった」(31歳)
「お互い取り合って結局どっちも手応えなかった」(25歳)
「ライバルの怒りを買ってしまった」(36歳)

【3位 常に気になる女子のとなりの席を死守する】
「距離が近いから親しくなった」(36歳)
「(気になる女子と)仲良くなれた」(28歳)
「女子のほうから別の席に移動されたため死守に失敗」(30歳)
「相手と話が続かなかった」(31歳)

【4位 みんなの前で「キミ可愛いね」と狙っていることをアピールする】
「『冗談でしょ!?』と笑われた」(30歳)
「積極的にアピールできた」(38歳)
「相手にわりとスルーされ気味」(31歳)
「引かれてしまい、失敗した」(28歳)

【5位 ライバルに「あの子がお前のことイイって言ってたぞ」と、他の女子を強く勧める】
「うまくいき、他の女子に気を向けることに成功した」(32歳)
「うまくいかず失敗に終わった」(31歳)

【5位 「あんないい子、俺たちには高嶺の花すぎて無理だよな」と、気になる女子を過剰にほめて、ライバルに分不相応である印象を与える】
「特に効果なし」(36歳)

意外にも(?)、上位にランクインしたけん制方法でも、手応えがあった! というコメントは半数程度。あたりまえのことだが、うまくライバルを出し抜いたところで、肝心の女子の気持ちがこちらに向くとは限らない。結局のところ、単純にイイ男を目指すのが一番の近道ということ?

(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト