世の「自称・イクメン」には耳の痛い話が満載!

子育て中ママ「夫への不満」1位は

2016.01.22 FRI

格好いいパパに!オトコの子育て道場


簡単なようで難しいのが感謝の言葉。「夫が家事と育児をしてくれた時はありがとうを言うけど、わたしがしても言ってくれない」(38歳)なんて不満も
子育てに積極的なパパ=イクメンが増えたなんていわれる昨今。もしかしたら「自分はイクメンだ」なんて自負しているパパも多いかもしれない。だが、ママたちに言わせると、子育てで協力してほしいことはまだまだあり、不満を抱える場面も多いようだ。そこで20~30代の未就学児を持つ既婚女性200人に「夫(パパ)に対して不満に思うこと」について調査してみた。

●夫(パパ)に対して不満に思うことTOP10
(1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)。


1位 ママが子育てすることを当たり前と思わないで!(188pt)
2位 子どもと遊んであげて!(158pt)
3位 自分のことは自分でやって!(157pt)
4位 子育てが大変なことをわかって!(128pt)
5位 一人の時間をちょうだい!(122pt)
6位 家事をもっと手伝って!(91pt)
7位 感謝の言葉を言って!(88pt)
8位 早く帰ってきて!(84pt)
9位 話(愚痴)を聞いて!(77pt)
10位 子どもを甘やかさないで!(35pt)

「ママが子育てすることを当たり前と思わないで!」が大差をつけてトップに立った。続く2位と3位は「子どもと遊んであげて!」「自分のことは自分でやって!」が入り、4位以下とは差をつけたことから、この上位3つが子育て中のママの「三大不満ポイント」と考えてよさそうだ。各項目へ寄せられたコメントを見ていこう。

【1位 ママが子育てすることを当たり前と思わないで!】
「休みの日に1人でふらっと出掛けてしまう」(39歳)
「おむつ替えを私がやるのが当たり前みたいな感じでパンパンになってもかえてくれない」(35歳)
「子どもの受診など、私がするのが当たり前と思っている」(33歳)
「子育てでの疲労を訴えても、母親なんだからしょーがないよ、くらいの返事しか返ってこない」(31歳)
「自分は仕事をしているんだから、家にいる私が子育てをするのが当たり前と、日々の子育てに感謝もしていないと思うので」(32歳)

【2位 子どもと遊んであげて!】
「パパとしかできない遊びもあるから」(33歳)
「子供と遊んでるふりをしながらテレビに夢中になっている」(28歳)
「せっかくの休日も子供ほったらかしでスマホゲームに夢中になっててイライラします」(29歳)
「お休みの時くらい1日一緒にいてほしい。 日頃は全くといっていいほど時間もあわない」(32歳)
「家にいるときはゲームをするか寝るかがほとんどなので、もっと子供の相手をしてほしい」(34歳)

【3位 自分のことは自分でやって!】
「子供より手がかかる時がある」(33歳)
「お風呂上がりの着替えを自分で出さない」(37歳)
「私が子育てで大変なのに、自分の着る服でさえも私に決めろと言ってきた」(20歳)
「乳児二人の世話で精一杯なので大人なら自分のことくらい自分でしろと思う」(23歳)
「脱いだ服は裏返しのまま脱ぎっぱなし、食べた食器はだしっぱなし。遊びで山に行ったらリュックはそのまま玄関におきっぱなし。とにかく子供の世話で忙しいのにこれ以上仕事を増やさないでほしい!!!」(39歳)

【4位 子育てが大変なことをわかって!】
「主婦だからってラクだと思っている」(28歳)
「休みの日、一日子供と一緒にいただけで疲れたって言ってくる。私はこれが毎日なんだよ~」(28歳)
「いかにも自分の仕事が大変だとアピールし、私には子供と一緒に昼寝できていいねとか言う」(35歳)

【5位 一人の時間をちょうだい!】
「友達と飲みに行ったりショッピングしたりと楽しみたい。夫が不定休のため友達との日程の約束がたてられない」(39歳)
「こどもが学校や園に行っている時間イコール母親の休み時間(一人の時間)で、毎日一人の時間があるのだから一人の時間なんて必要ないと言うので腹が立つ」(32歳)
「夫も子供も、頼りない。すぐ体調を崩し、会社や幼稚園を休む。私は体調が悪くても、一年毎日24時間通常営業。私も一人きりで休みたい。お前らみたいにだらけたい」(38歳)

以下、
【6位 家事をもっと手伝って!】では、「自分のお弁当箱を洗って、手伝ってやったと言っていたときむかっとした」(29歳)、「休みの時こちらは、バタバタと洗濯物を干したり、ご飯の用意をしているのに、子供の相手もしないで、テレビを見たり、タバコを吸ったり。自分から進んで手伝って欲しい」(39歳)。

【7位 感謝の言葉を言って!】に「何もかもやってもらって当然当たり前になっています! 感謝の言葉一つあるだけで今以上に頑張れるのにと感じます」(38歳)、「仕事を辞めて専業主婦の今、誰かに『ありがとう』や『お疲れ様』といった言葉を言われることがなくなり、虚しさを感じる時がある」(31歳)。

【8位 早く帰ってきて!】「毎日一人で育児をしてるとノイローゼになりそう」(26歳)、「いつも帰りが遅くおしゃべりもできないし、子供と遊ぶ事もできないから」(33歳)。

【9位 話(愚痴)を聞いて!】「仕事から帰ってきたら夫の愚痴ばかり聞いている。私の話も聞いて欲しい」(23歳)、「ずっと子供とだけ一緒にいて、話す相手がいないので、帰ってきたら話す相手になってほしいのに、あーとかうんしか言わない! ちゃんと聞いてほしい!」(29歳)。

【10位 子どもを甘やかさないで!】「悪い事をしても、まともに叱ってくれない」(29歳)、「こどもが欲しいと言ったおもちゃをすぐに買い与えること。お菓子を食べさせ過ぎなこと」(30歳)

などなど熱いコメントが続出した。

パパたちには耳の痛いコメントも多いだろう。ある36歳のママからは、「言われなきゃ何もやらない。お前の子供だろ」という声もあったように、全体を通してママが訴えているのは、パパの当事者意識の薄さ。2人の子供なのに、「自分には関係ない」と思わせる態度がママのイラっとポイントのようだ。子育てをママの仕事と思わず、積極的に行動するのが大事…とはいえ、それが一番難しいんですけどね。

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト