生足、デニムは? 女性社員200人に聞く

オフィスカジュアル、どこからNG?

2016.01.27 WED

働く女子を応援!L25タイムス


【Tシャツ】「ダボっとしたものじゃないフィットするデザインでビジューが付いてるようなのならありかも」(27歳)、【カラータイツ】「ネイビーやダークグレーならあり」(25歳)、【ショートパンツ】「タイツを履いていればいい」(28歳)など、デザインやあわせるアイテムによってNGアイテムがOKになることも
定義があいまいで悩みがちな「オフィスカジュアル」。流行のカジュアルなアイテムを取り入れたい気持ちもあるけれど、職場での目線も気になるもの…。そこで、どんなファッションアイテムがオフィスカジュアルとして許されるのか、25~39歳の女性社員200人(25~29歳100人、30~39歳100人)に聞いてみました。まずはトップスについての結果から。

〈Q.オフィスカジュアルにふさわしくないと思うトップスは?〉(15項目から複数選択)
ジャージ 93.0%
スウェット 88.0%
チューブトップ 86.5%
タンクトップ 84.0%
ビスチェ 82.0%
ノースリーブ 78.5%
パーカー 77.0%
オフショルダー 77.0%
Tシャツ 69.5%
ビッグシルエットニット 64.0%

=過半数が「NG」と感じるライン=

ドルマンスリーブニット 47.5%
フリルニット 46.5%
ポロシャツ 38.0%
ペプラムトップス 35.0%
フリルブラウス 29.5%

約9割が「NG」と判断した「ジャージ」「スウェット」については、「部屋着みたい」(25歳)という意見がほとんど。また、肩の出るアイテムは「露出が多すぎる」(36歳)という意見がある一方で、「チューブトップ」や「タンクトップ」は「ジャケットを羽織ればOK」(34歳)のように「インナーとしてなら良い」と考える人は多い様子。

「ビッグシルエットニット」には、「ダボッとして見えて品がない」(28歳)という意見もあり、だらしなく見えない素材やシルエット選びがポイントのようです。続いてはボトムスの結果。

〈Q.オフィスカジュアルにふさわしくないと思うボトムスは?〉(19項目から複数選択)
タトゥータイツ 71.0%
生足 70.5%
スウェットパンツ 70.5%
ショートパンツ(膝上) 59.0%
ジーパン 56.5%
デニムスカート 54.0%
サロペット 51.5%

=過半数が「NG」と感じるライン=

ローライズパンツ 47.5%
サルエルパンツ 39.5%
カラータイツ 32.5%
膝上スカート 31.5%
マキシスカート 30.5%
フィッシュテールスカート 26.5%
フリルスカート 23.5%
ハイウェストパンツ 13.0%
ガウチョパンツ 11.5%
ワイドパンツ 11.0%
クロップドパンツ 7.5%
プリーツスカート 2.5%

1位の「タトゥータイツ」には「上司や顧客等がタトゥーと思ってしまい、良くない印象を与えてしまう可能性がある」(26歳)ことを危惧する意見が集中。2位にランクインした「生足」にも、「社会人としての自覚を感じない」(31歳)、「自信あるの?」(27歳)と厳しい意見が…。

ほかにも露出の多い「ショートパンツ」、部屋着の印象が強い「スウェット」がランクイン。このほか、「ジーパン」には「来客対応はお願いできない」(29歳)、「サロペット」は「子供っぽくて信用できないイメージ」(26歳)など、“たとえ職場の中では良くても、お客様には会わせられない”といった指摘も。

オフィスカジュアルの許容範囲は職種によっても変わってきそうですが、トップスもボトムスも共通して「露出が多くないこと」「部屋着のようなだらしなさがないこと」「シルエットがスッキリとしていること」が基本といえる模様。また、堅実な意見は先輩女性社員に多いのかと思いきや、25~29歳、30~39歳と世代ごとの結果を見てみてもその差はほとんどナシ。世代を問わず万人に受け入れられるファッションであることが、オフィスカジュアルに求められている要素なのかもしれません。

ちなみに、30~39歳の先輩女性社員100人に「職場の後輩に服装を注意したことある?」と聞いてみたところ、「ある」と答えたのはたったの13.0%。職場にそぐわない格好をしていても、教えてくれる人は少ないのかも…。キチンとした社会人として見てもらうためにも、基本を守って個性的すぎない服装を心がけるのが正解ですね。
(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト