今日のこれ注目!ママテナピックアップ

子どものケンカが原因に?ママ友トラブル

2016.03.08 TUE


ママ友トラブルの原因は、ママ同士の問題だけではありません。時には、子ども同士のケンカが原因でトラブルになることも…。実際に、ママ友トラブルの原因の約50%が「子ども同士のトラブル」というアンケート結果もあるようです。ママ友トラブルに発展しやすい、子どものトラブルや、対処法を紹介します。

●ママ友同士での、情報共有が大切!
子どものケンカにありがちなのが、「自分を正当化する」ということ。そして、親側にありがちなのが、「自分の子どもの言い分だけを信じる」ということです。信じてあげたい気持ちもわかりますが、きっかけを作ったのは自分なのに、「○○くんが先に叩いた!」など、相手が悪く聞こえる言い方をしているかもしれません。「子どものケンカに親が首を突っ込むなんて…」という意見もありますが、お互いにママ友同士で、情報を共有し、冷静に判断することが大切です。特に、小学生のママだと、園ママよりも顔を合わせる機会が少ないので、相手に対し、悪いイメージを持ちやすい、とも言われています。

●ママ友間で、物の貸し借りを把握しあう
子ども同士の、文房具やゲームなどの貸し借りは、よくありますよね?しかし、それが原因でトラブルになることも多いのだとか…。まだ大人のようには、意思疎通できません。「貸しただけ」のつもりが「あげる」になっていることもしばしば。「あげたけど、代わりに100円くれるって言ったのに」と、お金が絡むことも、少なくないようです。「プレゼントは誕生日やクリスマスだけ」や、「子どもたちだけで、物の貸し借りをしない」など、基本的なルールを決めておくといいかもしれません。

●ママ友側だけでなく、我が子にもアフターケアを!
まず、忘れてはいけないのが、相手方への謝罪や配慮です。素直に謝罪したり、相手の子どもにも、「これで遊びたかったのよね」「また一緒に遊んでね」などと言葉をかけるだけで、印象はだいぶ変わってきますよね。もちろん、これも大切なことですが、自分の子どもへの配慮を忘れていませんか? 「アンタが悪い、謝りなさい」と怒ったままにするのではなく、その場を離れてからでも、「痛かったね」「欲しかったのよね」「次は仲良く遊ぼうね」と、ひと言あるだけで、「ママはわかってくれている」と、安心できるのだそうですよ。

他にも、「放課後にいつも遊びに来て、お菓子やジュースを出しているのに、なんの挨拶もない」など、自分の知らないところでトラブルになってしまうことも…。「行先は必ず連絡させる」、「スナック菓子を持たせる」など、対策することをオススメします。

(文・明日 陽樹/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト