今日のこれ注目!ママテナピックアップ

面倒な下準備の時短レシピ4選

2016.03.10 THU


美味しい料理を作るために、下準備はかかせません。しかし、下準備自体が面倒だと、凝った料理はどうしても敬遠されがち…。そこで下準備をあっという間に済ませられる、時短テクニックを紹介します。

●レンジで簡単!飴色タマネギ
カレーやシチュー、ドレッシングなどにも使える飴色タマネギ。コクが出て、料理もおいしくなります。普通に炒めたら20分~30分かかりますが、レンジを上手く使えば、ほんの数分で作れちゃいます。

1)まず、タマネギをみじん切りにし、耐熱容器の上にキッチンペーパーを敷いて、その上にタマネギをのせます。
2)ラップをして600Wで3分を目安にチンします。
3)透明になったタマネギをフライパンに移し、1~2分炒めれば、あっという間に飴色に!

タマネギは細かくすればするほど、短い時間で作れますが、フライパンの上では、すぐに焦げてしまうので、炒め過ぎには注意が必要です。


●ガスコンロであっという間! トマトの湯むき
トマトの湯むきは、お湯を用意する必要があったり、ゆで時間によって出来栄えが左右されたり…。ゆで時間が短いと皮がむけず、長いとトマトがベシャベシャになってしまいます。 そんな面倒なトマトも、ガスコンロだけで簡単に皮を剥くことができます。

1)トマトのへたを軽くむしり取り、へたのあたりにフォークを刺します。
2)そのままフォークを持って、ガスコンロでトマトをまんべんなくあぶります。
3)皮が少し焦げてきたら簡単にむけます。

剥きづらい部分があったら、そこをもう一度あぶればOK!


●海藻ミックスの時短戻し
サラダや付け合わせに便利な海藻ミックス。しかし、水で戻すには10分以上もかかってしまうので、ちょっと使うのが面倒ですよね。なんと、レンジを使えば1分で戻せちゃいます。

1)耐熱容器に海藻ミックスを入れ、海藻がつかるくらいの水を入れたら、600Wのレンジで1分チンします。
2)流水で洗い、水気をよく絞ったらできあがりです。


●グレープフルーツの皮むきは包丁が◎
皮が分厚く、皮むきが大変なグレープフルーツ。しかも皮を剥いても、さらに中の薄皮もなかなか手ごわい…。そんなときに使える、時短テクニックを紹介します。

1)包丁でグレープフルーツの頭とお尻を切り落とし、残った皮をリンゴを剥く要領で、薄皮をそぐ感覚でグルっとむいていきます。
2)皮をむき終わったら、薄皮に沿って包丁を入れて、突き当たったら包丁を手前に動かして実を剥がします。
3)上手く行くと、種も薄皮に残ってくれて、あっという間に皮の剥かれたグレープフルーツのできあがりです。

このテクニックは、来客時にも役立ちますね。



ちょっとした工夫で、面倒な下準備もあっという間に解決。今まで下準備が大変だから敬遠していたレシピにも、これならチャレンジできそうですね。時短テクニックを使って、今まで以上に料理を楽しみましょう!


(文・姉崎マリオ/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト