40代のアク抜きダイエットテク

ウォツカやラムで! 男の特製マウスウォッシュ作成法

2016.03.10 THU


お口のエチケット対策だけでなく、歯周病や虫歯対策にも絶大な効果を発揮するというマウスウォッシュ。最近は大人の男性に向けた商品も増えてきており、ウォツカやアロマオイルなどを調合してオリジナルのマウスウォッシュを作る趣味人もいる。そこで、改めてマウスウォッシュの効能を解説。40男におすすめのマウスウォッシュ・ケアの方法や、オリジナル・マウスウォッシュを製作するときのコツなどを表参道矯正歯科の川崎先生に聞く。

■■今回のアドバイザー
表参道矯正歯科 院長
川崎健一さん

完全オーダーメイドの矯正歯科治療を行う表参道矯正歯科の院長。東北大学歯学部卒業。歯学博士(歯科矯正学)、日本矯正歯科学会認定医 舌側矯正医(Lingual Orthodontist)インビザライン専門医(インビザラインスーパードクター)クリアアライナー認定医、アソアライナー認定医。

■口臭予防以外にも、マウスウォッシュは嬉しい効能

川崎さん「マウスウォッシュには、口臭を抑えるだけではなく、ドライマウスを予防する効果もあります。また、殺菌作用がある成分を含むマウスウォッシュを使用すれば、歯周病や虫歯の予防をすることもできるので、一石三鳥以上の効果を得られるのです」

■マウスウォッシュは睡眠前に使用するのがベスト

川崎さん「歯周病や虫歯予防の効果を最大限に出す場合は、歯磨きをしてプラークを落としてから使用するのが最も効果的です。また、睡眠中は唾液の量が少なくなり、口臭の原因になる細菌が増殖する時間帯です。なので、寝る前に使用して口臭を抑制するのも良い使い方だと思います。空腹時、緊張時なども唾液の量が減るので、マウスウォッシュが役立ちます。

薬局やドラッグストアに行けば、様々な種類のマウスウォッシュが市販されています。歯周病や虫歯を予防したい場合は、殺菌作用のある医薬部外品のマウスウォッシュを選んでください。口臭を予防することを重視する場合は、口臭を抑えることに特化したマウスウォッシュもあるので、それらを使用するのがよいと思います」

■ラム、ウォツカ…好みのお酒でオリジナル・マウスウォッシュを作る

川崎さん「手作りでマウスウォッシュを作ることも可能です。自分で香りや味にバリエーションをつけることができるメリットがあります。材料は、エッセンシャルオイル、水、アルコール(エタノール、各種お酒)です。これらを混ぜあわせるだけなので、誰でも簡単に作ることができます。特に大事なのは、殺菌作用・抗菌作用のあるエッセンシャルオイルです。柑橘系、ミント系、ティーツリー、ローズマリーなどがマウスウォッシュには適しています。特にティーツリーは殺菌作用が強いので、歯周病予防に効果的です。

エタノールの代わりに、ラム、ジン、ウォツカ、リキュールなど、好みのお酒を使用しても大丈夫です。味にバリエーションが出て面白いと思います。味をマイルドにするためにグリセリンを入れてもOK。グリセリンには保湿作用もありますので、ドライマウスの予防にもなります」

■最後にアドバイザーからひと言

「お気に入りのマウスウォッシュを見つけて、毎日の習慣にしてくださいね!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト