新社会人のための失敗しない“シェービング”講座

毎度のヒゲ剃り、7割超が“失敗”!?

2016.03.08 TUE

新社会人のための失敗しない“シェービング”講座


毎日やっていることなのに、失敗や悩みが尽きない…。それほどに「シェービング」は難しい上に、ストレスのモトともいえる。解消するには、今使っているシェーバーを見直して、自分に合うものを選ぶことも重要に!

「肌トラブル」も「深剃りできないこと」も何とかしたい! 2大お悩み発覚



ビジネスマンたるもの、仕事の内容がすべて! …と言いたいところだが、やはり「見た目」「身だしなみ」も気を使うべき重要なポイント。バリバリとデスクワークができても、実際に会った時の印象が悪いだけで、相手にマイナスイメージを与えてしまうことも…。そしてそんな大切な「身だしなみ」において、忘れてならないのが「シェービング」だ。特に新社会人や外回りの多い職種のビジネスマンならば、毎日、パーフェクトなシェービングをこなしたいもの。でもみんな、実際はなかなかうまくいっていないようで…。

全国の25~30歳の「週3回以上シェービングをする」男性会社員100人にアンケートを実施(※1)。まず「シェービングで肌荒れをすることがあるか?」を聞いてみたところ、なんと74%が「肌荒れする」と回答。さらに「ほぼいつも肌荒れをする」「よく肌荒れをする」と回答した人が全体の35%と、あらためて「肌荒れ」はシェービングにおける大きな悩みのひとつであることが分かった。

「シェービングによる肌荒れ」にまつわる、具体的な失敗談を聞いてみると…。

●「なかなかヒゲを剃り切れなくて重点的にその部分をシェービングしたらそこだけ赤くなってしまったことがある」(埼玉県・29歳)
●「ひげが濃いためかみそりが負ける。そのため負荷をかけすぎて肌をいためる」(神奈川県・30歳)
●「新人研修の際にカミソリ負けして流血し、懇親会を欠席した」(埼玉県・26歳)
●「デートの日にシェービングで肌荒れをして、印象を悪くした」(千葉県・27歳)

などなど、ビジネスシーンはもちろん、プライベートも含めて様々な残念な話が…。理想的なシェービングを考える上では、やはり「肌にやさしい」というポイントが欠かせないことが分かった。

そして、シェービングにおける悩みを考える上で、忘れてはいけないもうひとつのポイントがあった! 同じくアンケートで「シェービングで剃り残しをすることがあるか?」を聞いてみたところ、約8割(77%)が「ある」と回答。しかも約4割(39%)が「よくある」とのことで、こちらの悩みも深いことが分かった。失敗談も多いようで…

●「鏡を見ないでヒゲを剃ったら、アゴの両脇だけ長いヒゲが残っていて、みんなに指摘されてはずかしかった」(宮城県・27歳)
●「ヒゲ剃り後なのに、触るとジョリジョリ…」(兵庫県・30歳)
●「会社の展示会の際に剃り残しがあり、お客様にみっともない恰好を見せた気がした」(鹿児島県・28歳)
●「何十回掛けなおしても(こすり直しても)剃り残ってしまう。向きが悪いのか…」(神奈川県・30歳)
●「アゴの曲線部分で剃り残しが目立つ」(東京都・30歳)

といったように、こちらも単に「自分のテンションが下がった」ということにとどまらず、「周囲に悪い印象を与えてしまった」という、マイナス評価につながったケースもあるよう。やはりビジネスマンとしては、肌荒れ同様、「しっかりと深剃りができる」というポイントも見逃してはならないようだ。

今回のアンケート結果からあらためて分かったのが、シェービングにおいては「肌トラブル」「剃り残し」が大きな悩みになっているということ。それゆえ、シェーバーに求められるのは「肌にやさしいこと」「深剃りができること」の両立だ。一見、相反するようにも思われるこの2大条件を、クリアできるシェーバーはあるのだろうか?

ということで。オススメのアイテムをご紹介! それは、フィリップスの回転式シェーバー「9000シリーズ」だ。3つの円形のヘッドがあらゆる方向に可動するのが回転式シェーバーならではの特長。なかでもこの9000シリーズは、ヘッドがなんと8方向に動いてくれる! それゆえ、のど仏やほお骨などの凸面やアゴ下などの凹面にも、強い圧をかけることなくピタッと自然に密着! さらに、刃が直接肌に触れないシステムや、ヒゲを引き上げてからカットする「スーパーリフト&カット」も搭載。フィリップスの回転式シェーバーだからこそのこの「自然密着」ゆえに、「肌へのやさしさ」も「深剃り」も両立できるのだ!

また、フルスペックの9000シリーズのほかに、肌へのやさしさにとことんこだわった7000シリーズ、早剃りにこだわったリーズナブルな5000シリーズなど、ニーズに合わせて選べるラインナップがあるのもうれしい。

ちなみに、上司世代(40代)へのアンケート(※2)によると、「ビジネスマンにとってシェービングは重要な身だしなみだと思う」と考えている人はなんと約9割も(「かなりそう思う」…47%/「ややそう思う」…41%)! さらに「シェービングがきちんとできていない部下にどんなイメージを持つか?」(複数回答)を聞いてみたところ、「いい加減そう」(41%)、「礼儀正しくなさそう」(26%)、「仕事ができなそう」(23%)が上位3つに挙がった。やはり常に見られているボクらの“シェービング力”。よりよいシェーバーをゲットして、より快適なシェービングを心がけよう!


※1 全国の25~30歳の「週3回以上シェービングをする」男性会社員100人へのインターネットアンケート結果(アイリサーチ調べ/2016年1月実施)

※2 全国の40~49歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート結果(アイリサーチ調べ/2016年1月実施)
  • 肌への「自然密着」にこだわって開発されたフィリップスの回転式シェーバーシリーズ。肌にやさしくて、素早く深剃りができる! そんな理想のシェービングを実現してくれる。左から7000シリーズ、9000シリーズ、5000シリーズ。詳しくは公式サイトでチェック!

フィリップス エレクトロニクス ジャパン関連サイト

ブレイクフォト