40代のアク抜きダイエットテク

40男の“冷え”を解消! 蒸ししょうがで代謝UP

2016.03.17 THU


体の冷えは代謝を落とし、肥満の原因にもなるため、男性にとっても見逃せない症状。一般的に「冷え性は女性特有のもの」というイメージの人も多いかもしれないが、最近は冷え性の男性も増えてきているという。そこで、おすすめしたい食材がしょうが。特に、蒸して乾燥させたしょうがしょうがには体を温める効果が高く、基礎代謝が落ちてくる40男のダイエットの強い味方にもなってくれるはず。蒸し乾燥しょうがの具体的な摂り入れ方について、しょうが専門レストラン「祝茶房紅拍手」オーナーの森島土紀子さんにお話を伺った。

■■今回のアドバイザー
生姜料理専門店オーナー 
森島土紀子さん

1953年生まれ。1992年、アパレルショップ「仕事着屋しょうが」をオープン。1994年に店舗の半分を改装し、「生姜料理しょうが」を始める。しょうがを使ったメニューが評判となり、現在「生姜料理しょうが」「生姜軟骨料理がらがら」「祝茶房紅拍手」(すべてしょうが料理専門店)の3店舗を経営。2011年に高知県で初のしょうが料理専門店「林のヤモリ」をプロデュース。元祖“ジンジャーラ”としてテレビや雑誌などで幅広く活躍。

■しょうがの辛味成分が代謝をUPさせ”冷え”を解消

森島さん「生のしょうがには辛味成分である『ジンゲロール』が含まれており、殺菌作用があることで知られています。ジンゲロールは熱が加わると体を温める効果のある『ショウガオール』という成分に変化。この成分を摂り入れることで、体が深部から温まり代謝を促すことができます。

また、ショウガオールには血行促進や抗酸化作用も認められているため、アンチエイジングや健康面に気を使う40代の男性にこそ積極的に摂り入れてほしい食材といえるでしょう」

■蒸し乾燥しょうがはオイルに漬けて保存すると使い勝手も◎

森島さん「ただし、生のしょうがだとかえって内蔵を冷やしてしまうので、体を温めるなら熱を加えたしょうががおすすめです。特に、しょうがは蒸した後で乾燥させると『ショウガオール』が格段に増えるため、効果も高まります。『蒸し乾燥しょうが』の主な作り方は、皮のままスライスしたしょうがを蒸し器で15分ほど蒸し、天日で1日乾燥させるだけ。それを、いつもの料理や飲み物に加えれば効率的にショウガオールを摂ることができるでしょう。

また、蒸し乾燥しょうがはオリーブオイルか胡麻オイルに漬けておけば長持ちし、使い勝手も良くなります。このオイル漬けをパスタやドレッシング、炒めものなどに加えれば手軽にしょうがを摂り入れられますし、料理も美味しくなること請け合いです」

■湯船にしょうがを入れると凝りにも効く!

森島さん「肩や腰が凝っている人は実は体の冷えが原因かもしれません。そのような方にはしょうがを入れたお風呂もおすすめ。体の外から凝った箇所をじんわり温めてくれます」

■最後にアドバイザーからひと言

「蒸し乾燥しょうがを保存するときは、カビが生えないように清潔な瓶を使いましょう」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト