女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

30代、40代の彼女なし男性は狙い目なの?

2016.03.02 WED


男性が多い職場だと出会いが少ないのかな 画像提供/セキララ★ゼクシィ
最近、30代~40代の年収が高くて、見た目や性格も悪くないのに、彼女がいない独身男性って増えたと思いませんか?おまけに料理好きだったりして。条件が悪くないのに、結婚してないのはなぜ!?

婚活アドバイザーの西澤史子さんによると、確かにその年代のイケてる独身男性は多く、特に女性が少ないIT業界や研究所系などの理系業種ではかなりの優良物件が残っているのだそう!結婚相手としてお勧めなのか詳しく聞いてきました。

■30代~40代の条件が良い男性はなぜ残ってる?

条件が良いのに、彼女がいないのはなぜですか?

「男性のこの年代はまさに仕事盛り。彼らは上司や取引先の受けも良かったりするため、出世街道に乗っている場合が多いんです。勉強や人脈を広げる活動をしたり、教養を高める趣味に没頭したりと、仕事に関わる活動を優先し、女性と知り合うための活動の優先順位が低いんですね。また、彼女がいなくてもこういう男性はモテるため、彼女を積極的に見つけなくても意外と周りに女っ気があったりします。20代女性からもまだアプローチは来るし、何も急いで決めなくても大丈夫かなという余裕から、何が何でも積極的に彼女を見つけようとしないんです」

なるほど、彼女をつくること以外に関心事がたくさんあるんですね。

「今は恋愛至上主義だった昭和と異なり、恋愛はあってもなくてもあまり困らないものになっています。何しろ今は成人を迎えた20歳の男性の40%が『恋愛の経験なし』なんですから本当に驚きの時代ですね。また、反対に過去の恋愛で手痛い経験をして、その傷が癒えてないという場合もあります。結婚まで考えた彼女と別れたり、彼女から裏切られたというようなつらい経験を20代後半や30代前半で経験すると、立ち直りに時間がかかり、長い人では40代まで引きずる場合があります」

■優良物件的な男性との結婚はタイミングが命

条件がいいのに女性の影がないってことは、やはり結婚相手としてお勧めでしょうか?

「出会いの機会がなかったり、過去の恋愛がトラウマになっているような男性はお勧めできます。性格に難なく、社会的にも問題ないのであれば、積極的にアプローチする価値は十分過ぎる位です。この年代の男性へのアプローチはタイミングが大切です。両親の具合が悪くなり介護が現実味を帯びてくる、自分が病気になってしまって孤独死をしてもおかしくない状況であることに気付くなど結婚をしていないことのリスクに気付くと、結婚をしなくてはと考えが変わります。そのときに、にっこりほほ笑んでその男性の隣に座っているようなポジションにいる女性が、“その気”になった男性へ、そのタイミングを逃さずアプローチをかけるととんとん拍子に決まることが多々ありました」

■ガツガツアプローチよりもフンワリと伝えるのがベター

ふむふむ…そんなタイミングが来たら、どんなアプローチが効きますか?

「中長期的に男性のサイドポジションにとどまること。ただし、『いいやつ』になってしまうと恋愛対象から外れてしまうため、付かず離れずの関係を緩くキープし、友達以上恋人未満の関係を維持しましょう。そしてガツガツとアプローチするのではなく、フンワリと気持ちを伝えます。『好きです』ではなく『好きかも』くらいの力加減です。気持ちはフンワリと伝えますが、行動ではしっかりと好意を表すと彼の本気スイッチが入ります。彼の体を気遣ったり、手料理を振るまったり、趣味に付き合う等、『この子と一緒にいた方が安心するし、楽しい』と実感できる“体験”をさせるアプローチです」

西澤さんいわく、仕事でノリにのっているオトナの男性が女性に求めるのは癒やしと刺激。スナックのママとキャバクラのキャストが共存しているようなコミュニケーションなのだとか。身近にそんな男性がいたら、この2つをしっかり与えるような接し方でアプローチしてみて!


【取材協力】
西澤史子さん
株式会社ループ代表取締役。コミュニケーションアドバイザー。
企画会社エクシオジャパンで婚活アドバイザーとして活躍後、2013年1月株式会社ループを設立。ブランディングから広報、集客などのコンサルテーションや人材教育プログラム提供、コミュニケーション、婚活のアドバイザーとして活躍している。著書に、『成功している「3%の男」がやっていること』(2013年1月発行)、『「話す力」を「お金」に変える習慣』(2014年1月発行)。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト