今日のこれ注目!ママテナピックアップ

苦手な人もチャレンジ!実はカラダにいいパクチーレシピ

2016.03.17 THU


エスニック料理に使われることが多いパクチー。ニオイが独特で、苦手な人も多いですよね。しかし最近は、専門店ができるなどブームになっており、カラダにいいこともわかっています。パクチーの効能、レシピを紹介します。

●パクチーの意外な効果!
ニオイがきついパクチーですが、意外にも真逆の、消臭効果があるそうです。体臭の原因となる活性酸素の活動を止める作用を期待できるといいます。さらに鉛など、体内の重金属を排出する効果があるそうで、デトックス効果も! また、夏場には、パクチーの成分が汗と一緒に放出されることで、なんと虫除け効果も期待できるのだとか。

●作ってみよう!パクチーのレシピ
体臭予防にデトックス、虫除けまで期待できるパクチー。ニオイが苦手で敬遠していた人でも、あるとき突然食べられるようになるというケースも。この機会に苦手な人も、以下のレシピで一度挑戦してみてはいかがでしょうか?


●カボチャのパクチーダレ和え
パクチーを使ったタレにつけ込んで、カボチャに和えるだけの簡単レシピです。

材料は、カボチャ(1/4個)、パクチー(1束)、塩(小さじ1/4杯)、オリーブオイル(大さじ1杯)、レモン汁(小さじ2杯)、ナンプラー(小さじ1/2杯)、にんにく(1/2片)。

1)パクチーをみじん切りにし、にんにくをすり下ろします。にんにくチューブでも大丈夫です。
2)全ての材料を混ぜてパクチーダレを作ります。
3)カボチャを2cm角に切り、湯気の上がった蒸し器で約8分蒸します。
4)カボチャにパクチーダレをお好みで和えて完成です。

余ったパクチーダレはご飯にかけたり、パスタに和えたり応用がききます。サラダのドレッシングにしてもいいかもしれません。


●香菜うどん
油そば風の香菜をたっぷり食べられるレシピです。

材料(2人分)は、稲庭うどん(2人分)、パクチー(3束)、紫タマネギ(1/3個)、エゴマ油(大さじ2杯)、オイスターソース(大さじ1杯)、2倍濃縮のめんつゆ(大さじ1杯)、水(大さじ1杯)、黒酢(少々)。

1)紫タマネギをみじん切りにし、水にさっとさらして水気を切ります。
2)パクチーをみじん切りにし、全ての調味料と混ぜてタレを作ります。
3)うどんを茹でて氷水で締め、タレと和えて完成です。


●アボカドとパクチーのディップ
パンや野菜と合う、爽やかな味のディップです。

材料(3〜4人分)は、アボカド(1個)、パクチーみじん切り(大さじ2杯)、にんにくみじん切り(大さじ1杯)、プチトマト(3個)、レモン汁(1/2個分)、塩(大さじ1/2杯)、タマネギ(1/4玉)。

1)アボカドは種を取ってつぶし、トマトは小さく切り、タマネギはみじん切りにします。
2)ボウルにアボカドを入れ、レモン汁をかけてから、残りの材料を全て入れて混ぜ、冷蔵庫で1時間程度冷やしたら完成!

炒め物やサラダなど、メインとして食べる人も増えていますが、タレやドレッシング、ディップにすることで、初心者でも比較的食べやすいレシピを選びました。パクチーが苦手な人や食わず嫌いの人に、ぜひ試してほしいです。
(文・姉崎マリオ/考務店)



記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト