新生活に要確認!歯磨きの“そもそも”なギモン

「正しい歯磨き」3つのポイント

2016.03.24 THU

新生活に要確認!歯磨きの“そもそも”なギモン



イラスト/グレートインターナショナル
初デートや大事なプレゼン前は、念入りに歯磨き! 重要イベントを前にすると「いつもよりも丁寧に」と、本腰を入れて歯磨きをする人も多いのではないでしょうか。しかし、お口や歯の健康のためには“毎日”の“正しい”歯磨きこそが重要! そもそも歯磨きは、どう行うのが正解なのか、専門家に聞いてみた。

歯医者さん推奨する! 歯磨きテクを紹介



歯の磨き方を教わったのは、いつ頃だったっけ…(小学校低学年…とか?)。まったく思い出せない人も多いのでは? 何をどう教わったのかおぼろげな歯磨き方法を、今もなんとなく続けている人は要注意! 「間違った歯磨き方法では、スッキリした気分になるだけで、歯周病・虫歯を防ぐことはできません」と語るのは、マークシティ酒井歯科室・院長で歯科医の斉藤義章さん。正しい歯の磨き方を聞いてきました!

「歯周病と虫歯を防ぐためには、食べカスと歯垢を除去することが重要です。そのためには食べカスや歯垢が溜まりやすいポイントを、歯ブラシできちんと磨く必要があります。重点的に磨くポイントは、歯の食べ物を噛む面と歯と歯の境目、そして歯周ポケットです。このポイントを押さえながら、1本ずつ丁寧に磨きましょう」

なるほど。今までは前歯や側面をダダーっと磨いて満足していたような…。

「前歯から奥歯へと側面ばかりをガシガシ磨いてしまう人が多いですが、それは間違った磨き方。歯の側面はさほど汚れが付かないので、他のポイントに時間をかけたほうがいいですね。また側面部ばかりを磨きすぎてしまい、歯の付け根あたりのやや弱い部分がすり減ってしまうケースも多いので注意してください」

おっと、歯磨きで歯をダメにしてしまっては本末転倒ですね。では、どんな磨き方が良いのでしょうか?

「まずは歯ブラシの持ち方から。力がかかり過ぎず小回りをきかせやすいよう、鉛筆と同じような持ち方にしましょう。次に磨き方ですが、その前に歯を磨く順番を決めてください。あちこちランダムに磨いていると、どこを磨いたのかが分からなくなってしまいます。磨き方は、先ほどの歯の3つのポイント(噛む面、歯と歯の間、歯周ポケット)を各10回ずつ磨くこと。歯周ポケットを磨く際は、歯と歯茎の間に45度の角度でブラシを当てる『バス法』が理想的なのですが、いきなり実践しようとしても、ブラシを動かしながら角度もキープするのは難しいのでなかなかうまくいきません。まずは歯茎に対して直角に当てればいいので、その上で各ポイントをきちんと磨くことを身につけていきましょう」

ちなみに、歯ブラシの動かし方にもポイントはあるのですか?

「ブラシの動かし方は、歯と歯の間を意識してタテ方向に動かす人が多いですが、歯周ポケットをケアするためにはブラシはヨコ方向に動かすのがいいでしょう」

いや~、気を使うポイントがたくさんあって、意外と難しいものなんですね。

「きちんとした歯磨きを手磨きでしようとすると、少なくとも10分はかかります。でも実際は、腕も疲れてくるので、自分が思っているよりも短い時間しかかけられていないものです。正しい磨き方をものにするには練習を重ねることが必要ですね」

きちんと歯を磨きたいと思うものの、習得までに時間がかかりそう…。それなら、電動式の歯ブラシを使う、というのはどうでしょうか?

「手磨きで歯茎を傷つけずに歯周ポケットを上手にケアするのは、実はかなりのテクニックが必要です。しっかりと考えて作られているものに限りますが、誰でもすぐにきちんと『正しい歯磨き』が行える電動式の歯ブラシは、歯科としてもぜひ使ってほしいオススメアイテムですね」

できるなら、今すぐ正しい歯磨きがしたい! というより、歯磨きの修練を積む時間がない! そんなボクらにオススメなのが日本歯科医師会も推薦の「音波振動ハブラシ ドルツ」。細さ約0.02mmの極細毛で歯周ポケットまでしっかり入り込み、手では再現することが難しい微細な「リニア音波振動(※)」で、誰でもすぐに医師オススメの歯磨きが実現できます。また、歯周ポケットのケアに適したヨコの動きで効率のよい「ヨコ磨き」ができる上に、デリケートな歯周ポケットにブラシが入り込みすぎないよう毛先に3mmの段差をつけるなどの細かい工夫も。

そのほか、強く押し付けてしまっても自動でブラシ振幅を抑制して磨きすぎを防止してくれる「パワー制御機能」付きで、ついつい力を入れてしまう人でも、常に歯と歯茎にやさしい磨き方が可能だ。

歯周ポケットケアに適した極細毛とヨコ磨き。そのほかこだわりの歯磨きテクニックを搭載した「音波振動ハブラシ ドルツ」なら、アナタも今すぐ“正しい”歯磨きが実践できる!

※ 音波領域内での振動
  • 歯科衛生士が推奨するヨコ磨きが可能な「音波振動ハブラシ ドルツ EW-DE54」。手では難しい歯周ポケットにひそむ歯周病の原因菌も取り除いてくれます。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト