朝締め大山鶏がまさかのワンコイン

新鮮「鳥わさ丼」を500円で堪能!

2016.03.17 THU

ワンコイングルメ


これでワンコインの「鳥わさ丼」。同店には「まかない鳥スタミナ飯」「鳥そぼろ丼」などほかにも見逃せないワンコインランチがある 撮影:うぬまいちろう
鳥(鶏)のたたきにワサビが添えられた、ちょっと贅沢でオトナな料理「鳥わさ」。苦手な人もいるかもしれませんが、そう見掛ける料理ではないのでメニューにあれば反射的に頼んでしまう、なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな鳥わさがワンコインの丼メニューで食べられるとしたら…。

渋谷の道玄坂にあるビストロ ゴキゲン鳥は、「本当においしい焼き鳥を食べたことがありますか?」となんとも挑発的なキャッチコピーを掲げた店。当日に朝締めされた新鮮な大山鶏(だいせんどり)を使用した焼き鳥をはじめとするメニューが豊富で、ランチタイムにも魅力的な鶏肉料理がラインナップされています。そのメニューになんと「鳥わさ丼」が並んでいるのです。

ほどよく湯通しされた鶏肉は醤油ダレをまとい、独特の臭みもなくレア状に仕上がっています。飯を覆うように並べられた肉は1枚1枚がかなり厚めで、噛めば口中にねっとりとした食感と鶏肉の甘さ、うま味が広がってそれはもう…。味はもちろん、ご飯大盛り無料なのもお腹ペコリーマンにはうれしいところ。

しかし、半生で出せるような鶏肉を素材にしていれば「余り物を上手く使ってなんとか儲ける」なんてこともできないでしょうに。これ、500円は安すぎですって!

「働くビジネスマンを応援したい。そんな気持ちから、朝締めの大山鶏を使いながらも儲け度外視でこの値段にしています。サラリーマンの1日の小遣いが食事代を含めて平均1000円だと聞いたので、他にタバコや缶コーヒーも買うと思えば500円より高い値段にすることは考えられなかったんです。使っている部位を疲労回復に良い胸肉にしたのも、忙しいビジネスマンを意識してのことなんですよ」(白熊店長)

もちろん、低価格ランチで店の魅力に気づかせ、ディナータイムに誘うという側面もあるでしょう。ワンコインランチでさえ、こんな贅沢なものが出てくるなら「夜には本当においしい焼き鳥が食べられるのだろう」なんて思いましたもん。

ちなみにこの鳥わさ丼は、ご飯が酢飯なのもポイント。さっぱり感を強調するため、注文が入ってから白飯に酢をまぶして作るというこだわりの酢飯は、鳥わさにぴったり。さらに添えられたツンとくる本ワサビが口のなかの「ねっとり感」をリセットしてくれるので、最後の一口まで美味しくいただける一品となっています。

これ、丼だけでも十分にワンコインらしからぬクオリティなのですが。さらに鶏スープ、しば漬け、自家製ドレッシングがうまいキャベツサラダまでついているから驚き。ワンコインとは思えぬ贅沢ランチを堪能し、思わずゴキゲンになってしまったのでした。
(宇都宮雅之)

■ワンコイングルメ第6回

「鳥わさ丼」500円
ビストロ ゴキゲン鳥 渋谷本社店

場所:渋谷区道玄坂1-17-7
最寄駅:JR・東急東横線・京王井の頭線 渋谷駅 南口徒歩6分
休:基本無休 (肉の仕入れ具合により不定休の休みあり)
営:ランチ 平日11:30~13:30、ディナー 17:00~24:00

  • イケメンスタッフの「聖(さとる)」さん。「ランチタイムに丁度ベストな漬け込み具合になるよう、朝一番に始める仕事がこの鶏わさ丼の仕込みなんです」とのこと
    イラスト:うぬまいちろう
  • 1階フロアには、凝った欄間で飾られたロフト席も。2階は最大20名まで可能な座敷となっている
  • 店舗外観。「キャッチコピー通り『本当においしい焼き鳥』を食べていただける自信があります」(小保内さん)。焼き鳥以外にも、カニクリームならぬ、鳥クリームコロッケなどワインにあうように工夫した鶏料理がたくさんあるとのことなので、ディナーから攻めるのもアリかと

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト