56%が読書離れを自覚

若手会社員「読書離れの理由」とは

2016.03.19 SAT


歩いている時間まで読書に励んだという二宮金次郎。しかし「児童労働を奨励してみえること」や歩きスマホならぬ「歩き読書」が教育上良くないとの批判もあり、「座り金次郎」が立てられた学校もあるようで… 画像:よっちゃん必撮仕事人/PIXTA
若者の読書離れが進んだと言われて久しいですが、その原因としてあげられがちなのがスマホ。記事や動画の閲覧やメール・SNS、さらにゲームまで、スマホひとつあれば事足りてしまうためほかの娯楽に興味がなくなったという説もまことしやかに語られています。確かに通勤電車でまわりをみれば、スマホをいじっている人がずらりと並んではいますが、実際のところ読書離れはスマホが原因なのでしょうか…?

そこで20~30代の男性会社員200人にアンケート調査。まずは、読書離れは言われているほど進んでいるのかどうか、確認してみました。(協力/アイリサーチ)

質問1〈ここ2、3年とそれ以前を比べてあなたの読書時間は減りましたか?〉
・はい 56.0%
・いいえ 44.0%

半数以上の人が、読書量が減っていると自覚している模様。読書離れについては、確かに進んでいると言えそうです。では、「読書する人が減ったのはスマホの影響」という話に関してはどうでしょう。

質問2〈仮にスマホや携帯がなくなったら、あなたの読書時間は今より増えると思う?〉
・変わらないと思う 68.2%
・増えると思う 29.5%
・減ると思う 2.3%

「減ると思う」と答えたのはきっとスマホで電子書籍を楽しんでいる人でしょうね。ほぼ7割近い人が「変わらない」と回答しており、読書量が減っている原因のなかでスマホが占めるウェイトはそう大きくないようです。

では、「読書量が減っている」原因は何なのでしょうか。それを探るべく、以下のような質問をしてみました。

質問3〈今より本を多く読むことになると思われる条件TOP5〉
(全7項目より複数選択)
1位 時間の余裕が増える 67.0%
2位 「読みたい」と思える本が増える 50.0%
3位 本が安くなる(経済的な余裕ができる)29.5%
4位 電子書籍のタイトルが増える 12.0%
5位 書店が増える 8.5%

番外
6位 読書が趣味の女性を好きになる 6.5%
7位 周囲に読書している人が増える 4.5%

1位を読みかえれば、この世代が本を読まなくなっているのは「時間の余裕がないから」ってことになるでしょうか。読書家の人から「本を読む時間なんていくらでも作れるはず」なんて声が聞こえてきそうですが、2位のように読みたいと思える本がないのであれば、それはもう仕方ないことの気も。

これまでは趣味を聞かれた際に「読書」なんて答えたら、つまらなそうな顔をされたものですけどね。そのうち、会話のとっかかりになる“ちょっと変わった趣味”の一つになるかもしれません…。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト