もう容量不足に泣かされない!

スマホを写真撮り放題にするには…

2016.03.31 THU


大容量4TBのオンラインストレージ「ULTRA DRIVE」は、スマホの容量不足の救世主となるか!
多くのスマホやタブレットユーザーを悩ますのが、データ容量の問題だろう。音楽や動画のデータを端末に保存し、さらにたくさんのアプリを使いこなすヘビーユーザーはもちろん、それほどではないという人でも、これまでに撮り溜めた写真が知らぬ間に容量を圧迫しているというのは、ありがちな話。カメラアプリを立ち上げた途端、容量不足のアラートが出て、シャッターチャンスを逃してしまった…なんて経験がある人も少なくないのでは? 加えて、春は歓送迎会に花見など、イベントが盛りだくさん。写真やムービーを撮る機会はさらに増えそうだが、これを毎度毎度PCに移し替えるのというのも結構な手間…。

そこでオススメしたいのが、クラウドサービスの利用。なかでも注目は、大容量の「ULTRA DRIVE」だ。4TB(テラバイト)を誇るオンラインストレージで、なんとスマホ写真なら130万枚以上保存可能(※1枚あたりの容量が3MBの場合)。スマホで撮った写真を自動的にアップロードしてくれる機能もついているので、これさえあれば、日々増え続ける写真の保管に頭を悩ませることなく、どんどん撮りまくれるというワケ!

もちろん写真以外にも、ムービーや音楽、各種ドキュメントなど、様々なデジタルデータを保存可能。専用アプリをインストールしておけば、スマホやタブレットをはじめ、Windows PCやMacなど、あらゆるデバイスからアクセスが可能なので、大切なデータをすべて一括でバックアップすることができる。ファイルやフォルダの共有もできるので、メールで送りづらい大容量データの受け渡しにも使い勝手がよさそう!

利用料金は月額800円(税別)だが、株式会社イージェーワークスが運営する「ejnet」の光コラボレーションサービス「ejひかり」コースを利用すれば、無料で利用可能とのこと。春からの新生活でインターネットの新規契約が必要な人や、光接続サービスの乗り換えを検討している人は、こうしたオプションサービスも視野に入れてみてはいかがだろうか。

  • 「ULTRA DRIVE」はマルチデバイス対応で、いつでもどこでもアクセス可能なオンラインサービス

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト