出張時は低廉型ホテルに注目!?

朝食が美味いビジネスホテル6選

2016.03.29 TUE


コンセプトホテル和休(富山)の朝食。富山米のご飯や具沢山の味噌汁をはじめとする和食のビッフェスタイルでいただける。朝食場所の囲炉裏スペースも和のぬくもりにあふれた空間だ
泊まり出張時の小さな楽しみのひとつといえば、ホテルで食べる朝ごはん。20~30代の出張経験のある男性104人を対象に行なったアンケート(協力/アイリサーチ)でも、実に78.8%が「朝食を食べる」と回答している。出張先でしっかり仕事をするためにも、朝食もしっかりとりたいものだ。

そこで気になるのが、朝ごはんの内容だ。ホテル評論家の瀧澤信秋さんは、「特に低廉型のビジネスホテルでは無料朝食合戦となっており、各社で朝食の質を競っています。一方で、比較的料金の高い付加価値型ホテルでは、有料ながらハイグレードの朝食を提供するところが少なくない。朝食はホテルを選ぶ上で重要なポイントになってきています」と話す。

せっかくの出張、できるだけステキな朝食が食べられるホテルに泊まりたい。というわけで、瀧澤さんに朝食が魅力的なホテルを紹介してもらった。

※朝食の「無料」は別途料金が発生せず、ホテル側も「無料朝食」と標榜しているもの

■ホテルルートイン (全国チェーン ※京都・岡山・鳥取・広島・高知除く/無料)
「全国展開しているホテルの朝食の中では、品数の豊富さで群を抜いています。バイキング形式で、和洋食デザートと各種いただけるのもポイントですね」
保存料を使わず、ヨーロッパから直輸入しているというパン(ヨーロピアンブレッド)も魅力的だ。

■スーパーホテル (全国チェーン ※秋田・石川・長崎など9県除く/無料<一部ホテルは有料>)
「格安ホテルとして知られるスーパーホテルですが、朝食にも注目です。健康に配慮した“健康朝食”がテーマで、バランスの良いメニューが揃っています」
野菜ソムリエが選んだサラダやヨーグルトなどもあり、朝からバランスよくしっかり食べることで仕事の集中力も増しそうだ。

■リッチモンドホテル (全国チェーン ※新潟・石川・京都・岡山・愛媛など21府県除く/有料)
「宿泊客なら1000円前後で利用できる有料朝食。バイキング形式でご当地メニューが豊富に揃っているのがいいところですね。有料でも十分元が取れる充実ぶりです」
札幌ならばスープカレーや鮭のちゃんちゃん焼きなどが食べられる。出張時はなかなか時間がなくて名物グルメが食べられないことも少なくない。そんな時はぜひ泊まりたいホテルだ。

■ホテルアクティブ (小規模チェーン<広島・山口・福岡>/無料)
「博多や山口など4ヶ所にしかない小規模チェーンですが、朝食の充実ぶりは目を見張ります。和洋食のバイキングですが、とても無料とは思えず圧倒されます。見せ方も工夫されており、寝起きでも食欲が出てきますよ」
ご飯が釜に入っているような見せ方、お味噌汁は大きな鉄鍋のまま並んでいたり、自ら野菜などを焼いて食べるコーナーもあるなど、楽しい朝食になることは間違いなさそうだ。

■グリーンホテルモーリス (小規模チェーン<兵庫・広島・島根・鳥取>/有料)
「こちらも中国地方を中心に展開している小規模なチェーン。朝食は有料で税別524円(宿泊客)なのですが、とてもワンコイン程度とは思えないほどの内容です」
和洋食バイキング形式の朝食は、約40品目と品数も豊富。パンはオーブンで焼いて食べることができるほか、日によってはカレーが提供されることも。1泊シングルで5000~6000円程度と宿泊料金も安く、利用しやすそうだ。

■コンセプトホテル和休 (独立系<富山>/無料)
「無料で和食ビュッフェスタイルの朝食をいただけるのですが、最大の特徴は予想混雑時間がわかること。前日に朝食利用希望時間を伝えるシステムになっており、エレベーター内に予想混雑度が掲示されます。だから、空いている時間を狙うなど自分で時間調整ができるんです」
お櫃でご飯が提供されたり、焼き魚もしっとりしているなど、無料とは思えないクオリティだとか。さらにホタルイカ料理など、地元の特産品を使用したメニューも。


いかがだろうか。どこも魅力的で、自宅にいるとき以上に豪勢な朝ごはんが食べられそうだ。これからは場所や料金だけでなく、“朝食”を基準に出張先のホテルを選んでみては?

(鼠入昌史/Office Ti+)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト