家族と行う行事やイベント、実施率が高いのは?

子持ち家庭の家族行事やる・やらは?

2016.03.31 THU

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


【イースター】「卵にペイントするのがたのしい」(女性・36歳)、【エイプリルフール】「嘘つくのが大好きだから」(女性・30歳)、【十五夜】「秋に子供と夜月を見ながら話をするから」(女性・36歳)など、世間でそれほど盛り上がりをみせていなくても、イベントを楽しんでいる人もいるようです 画像提供/evgenyatamanenko / PIXTA(ピクスタ)
日本に数多く存在する季節の行事。最近では日本の伝統的な行事に加えて、海外から輸入されたイベントも定着してきている感もあるが、このような行事やイベントを、家族で欠かさず行っている人はどれくらいいるのだろう? 子供を持つ20~30代の男女(男性50人、女性150人)にアンケートを行い、計20個の季節の行事についての実施率を調査した。

〈半数以上が行ったことのある行事・イベント〉
クリスマス 85.5%
年越しそば 84.0%
バレンタイン 83.0%
初詣 82.0%
節分 81.5%
母の日 74.5%
クリスマスイブ 73.5%
父の日 70.0%
ひなまつり 69.5%
お花見 63.0%
こどもの日 62.5%
ホワイトデー 57.0%

9割近い家庭で行われているという結果になったのは【クリスマス】。日本伝統の行事とは言えないものの、すっかり日本の生活の一部として欠かせないイベントになっているようだ。他にも、バレンタインやクリスマスイブなどの海外由来のイベントも人気。それぞれの行事を大切に思っている理由についても聞いてみた。

【クリスマス】
「子供が一番楽しみにしているから」(男性・34歳)
「子供達がプレゼントをとても楽しみにしているので」(男性・35歳)
「ケーキやプレゼントなどみんなが楽しめるから」(女性・35歳)
「子供の夢を育てたいから」(男性・37歳)

【年越しそば】
「今年も一年間お疲れさまでしたと家族と一緒にねぎらいたいから」(女性・34歳)
「一年の締めくくりだから」(男性・34歳)
「日本の伝統なので」(男性・35歳)
「家族団欒したいから」(男性・37歳)

【バレンタイン】
「嫁と子供から貰うのが楽しみなので」(男性・36歳)
「子どもとお菓子作りができるから」(女性・29歳)
「旦那が喜ぶ顔がみたいから」(女性・28歳)
「感謝の気持ちを形にしたいから」(女性・26歳)

【初詣】
「家族そろって来年もいい年になりますようにと願っているから」(女性・36歳)
「日本人としての年初の恒例行事であると思うので」(男性・35歳)
「一年で家族が揃うはじめてのイベントなので」(男性・32歳)
「年の始めを家族で過ごしたいから」(男性・37歳)

【節分】
「家族で鬼の面をかぶり、豆を投げるのを喜んでいるので」(女性・32歳)
「こどもに伝統を伝えていきたいから」(女性・34歳)
「子供達の健康を願う行事なので」(男性・35歳)
「息子が毎年鬼の面を作るので」(女性・33歳)

以降、【母の日】「この年になって母の偉大さがわかったから」(女性・30歳)、【クリスマスイブ】「誕生日以外で唯一、子供へのプレゼントをする日」(女性・33歳)、【父の日】「パパに感謝する日を大事にしたい」(女性・31歳)、【ひなまつり】「娘がすごくお雛様を大事にしているので」(女性・32歳)、【お花見】「季節を感じたいので」(女性・34歳)、【こどもの日】「大切な子供のための祝日だから」(男性・38歳)、【ホワイトデー】「バレンタインのお返しに対する期待値が大きいから」(男性・39歳)など。

ほとんどの行事に共通して寄せられたのは、「子供や家族の喜ぶ顔が見たいから」という意見。季節を感じたり、節目を大切にしたりといった目的はもちろんだが、それ以上に、家族と一緒に笑顔で過ごせることを行事に求めている人が多いようだ。一方、実施率が低めだった行事は次の通り。

〈半数以上が行ったことのない行事・イベント〉
イースター(復活祭) 3.0%
エイプリルフール 9.5%
十五夜 20.5%
七草がゆ 29.0%
お中元 35.5%
土用の丑の日 40.0%
ハロウィン 47.5%
七夕 48.5%

【十五夜】や【七草がゆ】などは日本伝統の行事ではあるものの、少々大人向けの雰囲気なこともあってか、まだ子供の小さい家庭での実施率は低め。最も経験者が少なかった【イースター】は、認知度自体がまだまだ低いといえそうだ。しかし、これらの少々マイナーなイベントも、きっと家族とワイワイ行えば楽しい思い出になるはず。今まで行事に無頓着に過ごしてきた…という人も、今年は趣向を凝らしてチャレンジしてみては?
(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト