好感度高いイメチェンアイテム、決め手は○○

男のイメチェン、7割の女性が「やりすぎは引く」!?

2016.04.25 MON


女性のココロをつかむには、どんなイメチェンがいいの? 失敗しないイメチェンのためには、取り入れるアイテムのセレクトも重要だ
(写真/PIXTA)
4月からの新生活スタートからしばらく経ったものの、「なんだかまだ気分の切り替えができない…」「新しい環境にフィットできていない気がする…」といったモヤモヤを感じている人はいないだろうか。そんな時こそ、イメチェンでもして体も心も一新したいもの。自分のマインドの切り替えができる上に、何より周囲からの印象も変えることができるので、春のうちにぜひトライしたいところだ。でも、せっかくのイメチェンもマイナスイメージにつながってしまってはちょっと残念…。そこで、20~30代女性たちへのアンケート(※)をもとに、失敗しない男のイメチェンについて調査してみた。

まずは、そもそも「イメチェンする男性ってあり?」という質問を。

Q.春などの節目にイメチェンをする男性に好感を持ちますか?
●好感を持つ…21%
●程よければ好感を持つ…72%
●好感を持てない…7%

という結果に。イメチェンに好感を持つ女性がほとんどだったが、なんと全体の7割以上が「程よいイメチェンなら」という条件付きで、かえってやりすぎな変化には抵抗があることが分かった。このポイントを見落とすと、失敗につながる可能性も…。ではこの、好感をもたらす「程よいイメチェン」とは、具体的にはどんなイメチェンのことを指すの?

Q.男性のどのようなイメチェンに好感を持ちますか?(複数回答)
1位 ヘアスタイルを変える…89%
2位 服装のイメージを一変する…47%
3位 (ファッションとして)メガネを取り入れる…41%

…という結果に。確かに圧倒的に1位だった「ヘアスタイル」は変化としては分かりやすいが、慣れ親しんだこれまでの髪型を一新するのは躊躇してしまうもの。そして似合っていなかった時は、元に戻せないという最大のリスクもある。同じく「服装のイメージを一変する」というのも、コスト面で費用がかかるのでなかなかにハードルが高い気が…。となると、手軽に取り入れることができる、3位に挙がった「メガネ」に注目してみるのが得策と言えるかも知れない。実際、女性たちに「(俗にいわれている)メガネ男子は好きですか?」と聞いてみたところ、「好き」という女性が約7割も! 程よいイメチェンにひと役買ってくれるメガネは、女性ウケもバツグンのようだ。

「よし、じゃあ早速メガネを取り入れよう!」というキミのためにも、最新の売れ筋アイテムやトレンドをチェックしておこう。人気メガネブランドJINSの広報ご担当・渡辺里実さんに、メガネにまつわるあれこれを聞いてみた。近ごろの男性におけるメガネ人気って、どんなカンジなんでしょうか?

「以前は視力矯正の目的でメガネを使用される方が大半を占めていましたが、昨今では個性を表現するツールとして男性でもファッション用途で購入される方が増えており、視力の良い方でも気軽に手に取っていただける環境になっています。中でも『Airframe』は、2009年の発売以降、その軽量性が口コミで話題となり累計販売本数1400万本を超える大ヒット商品になりました。メガネをかけていた人をはじめ、普段メガネをかけ慣れない方でも軽くてかけやすい設計になっている当社の主力商品です」

通常メガネは3000本売れればいいそうですが、なんと1400万本も売り上げているとは! かなりの大ヒットぶりですね。では、メガネが「程よいイメチェン」にぴったりな理由って?

「ファッションやヘアスタイルと比べて、誰でも気軽に取り入れやすい点が最大のメリットです。また、最もその人の印象を象徴づける“顔”に取り入れるアイテムなので、手軽でありながら印象をがらりと変えることができます。JINSでは、ほとんどの商品が1万円以下で購入でき、薄型非球面レンズが追加料金ゼロ円で標準装備されているからコスト面でもお手軽です。イメチェン初心者や、抜本的に印象を変えるには少しハードルが高い方などにはオススメのアイテムです」

確かに、価格面のやさしさも重要ですよね。そんな大ヒット中かつイメチェンにもってこいのAirframeですが、そのオススメポイントは? 初めてメガネを取り入れる人にもうれしい点などあれば。

「従来の『軽さ』はそのままに、3月からは、今まで以上にかけ心地とデザイン性を追求した新モデルを新たに投入し、さらに選びやすく進化しました。メガネ初心者の方でも軽くてかけ心地がよいので、長時間かけていても痛くなりにくい設計です。また、豊富なラインナップからファッション感覚で自分に合った最適な1本をお選びいただけます」

最後に、イメチェンにおすすめのAirframeがあれば教えていただきたいのですが。どんなものを選ぶのが今ドキなんでしょう?

「最もベーシックな定番タイプで誰でも合わせやすいのは、黒縁のウェリントン型で、マットな質感の『Matte Airframe』です。また、現在人気No.1の『SLIM Airframe』のような、カジュアル・ビジネス両シーンで使用できるものもオススメです。さらに、より知的に自分を演出されたい方にはメタル素材を使用した『Metallic Airframe』が、上質でクラシカルな雰囲気を演出されたい方には『Solid Airframe』がおすすめです(Metallic/Solidは4/28発売予定)」

なるほど、ひと口にメガネといっても、形状や素材など選択肢はいろいろ。さらに見た目とともに、着け心地などにもこだわるのが正解なんですね。この春「程よいイメチェン」にトライする僕らにぴったりのアイテムが必ず見つかる、ラインナップ豊富なJINSのAirframeにぜひ注目を!


※全国の25~34歳の女性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果(2016年4月/R25調べ)

  • 今っぽい存在感のある太めのフレームは、イメチェンにはもってこい。ちょっとクリエイティブな印象をアピールするならオススメ。URF-16S-219/7900円(税別)
  • スッキリと知的なイメージを程よく出したいなら、こちら。ライトグレーの配色がスマートな印象を演出してくれる。MRF-16S-047/7900円(税別)
  • やさしいイメージを感じさせるブラウンカラーとスタンダードな形状は、メガネ初心者にもぴったり。主張しすぎない程よい柄で個性もアピール。MRF-16S-048/7900円(税別)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト