3人に1人が泣いた経験アリ、3位には「路チュー」

独身女性が路上でやってしまった行為TOP10

2016.04.30 SAT

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


周りに人がいないことを確認してから歌う女性も多かった。飲んだ時は声のボリュームに気を付けよう 写真:aijiro / PIXTA(ピクスタ)
お酒が入れば、男女限らず羽目を外すこともある。たまにおじさんが酔っぱらって駅で寝ているのを見かけるけど、女性もそうした経験はあるのだろうか? 20~30代の独身女性会社員200人に、「社会人になってから路上でやってしまったことのある行為」についてアンケートを行った。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

■社会人になってから路上でやってしまったことのある行為TOP10


(全12項目の事柄について「やったことがある/ない」を回答)
1位 歌いながら歩く 34.0%
2位 泣く(別れ話、上司の叱責などにより) 31.5%
3位 路チュー 28.0%
4位 歩きながらゲーム(携帯ゲーム機、スマホゲーム等) 20.5%
5位 痴話喧嘩(恋人間) 19.5%
6位 告白やプロポーズ 15.0%
7位 酒を飲みながら歩く 13.5%
8位 泥酔して寝る 13.0%
9位 ナンパ 3.5%
9位 外で用を足す 3.5%

※番外
11位 ストリートファイト 1.5%
12位 脱ぐ(酔って上半身裸になる等) 1.0%

「歌いながら歩く」「泣く」は3人に1人が経験。また、「路チュー」や「痴話喧嘩」「告白」や「プロポーズ」も、周りの人の視線を集めていたに違いない。さらに、外で用を足したりストリートファイトまでしたりする人がいるとは…。

では、回答してくれた女性たちのコメントを見てみよう。

【1位 歌いながら歩く】
「いい天気だったので、休日に散歩しながら、思いっきり好きな曲を歌った。端から見ると陽気な人だと思われたと思う」(25歳)
「前から人が来ないので調子に乗って歌いながら歩いていたら、後ろを同じ速度でずっと歩いている人がいた。抜かしにくかったんだろうと思う」(38歳)
「酔っ払って記憶がなく、後で友人から聞いてわかった」(34歳)

【2位 泣く】
「不倫していた時、帰り際によく一人で泣いていた。よく分からない感情だった。まぁ、いい経験になる」(30歳)
「別れた後に一人で泣きました」(32歳)
「つらいことがあって泣きながら家に帰ることがある。泣きたくないが我慢できない」(33歳)

【3位 路チュー】
「鴨川でチューをした」(33歳)
「相手がそういったことが好きだったので」(37歳)
「気持ちが盛り上がってきて、どうしてもキスしたかったので、人目がないのを確認してキスした」(37歳)
「酔ってる時もあり…まぁいい思い出かな」(29歳)

【4位 歩きながらゲーム】
「好きなゲームに夢中になり、歩いている間もランチの間も常にやっていたかった」(27歳)
「手が滑って画面が割れた。足下には気をつけて!」(28歳)

【5位 痴話喧嘩】
「今考えるとしょうもないことで喧嘩をしていたので、恥ずかしいからやめろといいたい」(25歳)
「若かったな~と思う」(34歳)
「思い出したくもない」(35歳)

当時の自分を注意する声がある一方、恋愛関係では「いい思い出」や「若かった」と懐かしむ声が聞かれた。【1位 歌いながら歩く】では、「場所が歌舞伎町だったので歌いながら歩いていてもさほど変ではなかった」(28歳)とのコメントもあり、場所次第では周りに人がいても目立たないかも?

ちなみに、【8位 泥酔して寝る】では「ウコンを飲んでるから大丈夫だと思って、つい飲み過ぎて泥酔し、フラフラになって歩いて帰る途中コンビニに毎回なぜか寄りたくなって寄るはいいが、駐車場で毎回フラフラで大の字ですっ転ぶ」(35歳)という女性も。酔いがさめた後に大ケガに気づく場合もあるので、くれぐれもご注意を。

(吉田良雄)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト