男性1位は「エッチ関連の画像や本」だが…

死ぬ前に処分したいモノ 女性1位は意外とアナログ?

2016.06.16 THU

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


万一の事態に備えて、ボタン1つでデータが完全消去されるPCがあればいいのだが… 写真:kotist / PIXTA(ピクスタ)
うちの母から、「いつ何が起こるか分からないから、下着だけは常にこぎれいにしておけ」とよく言われた。不慮の事故などで命を落としても、他人に汚い下着を見せてしまうと死んでも死にきれないから…ということらしいが、自分の部屋を見回すと、汚い下着以外にも「死んだあと、他人に見られたくない!」と思うものが盛りだくさん! みなさんも死後、他人に見せたくないものはないだろうか? 20~30代の社会人男女各100人(合計200人)に聞いてみた。

■死後、他人に見られたくないものTOP10
(16項目から1~3位を回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 PC(丸ごと) 181pt
2位 エッチな画像や動画や本 180pt
3位 スマホ(丸ごと) 126pt
4位 昔の日記 104pt
5位 インターネットの検索履歴 91pt
6位 アダルトグッズ 84pt
7位 恋人とやりとりしたラブラブメールやラブレター 71pt
8位 FB、LINEなどSNSでの投稿内容 70pt
9位 さまざまな会員登録履歴 58pt
10位 (恋人とのやりとり以外の)メールや手紙 53pt

ありとあらゆる情報が詰まった「PC(丸ごと)」がトップ。そのほか、見られると恥ずかしいものが続々とランクイン。男女別でみると、男性の1位は「エッチな画像や動画や本」。そして女性は、「昔の日記」が最多という意外な結果に。女性の日記には、PCやスマホにも残せないような秘め事がつづられているのか…? それぞれ「見られたくない理由」も教えてもらった。

【1位 PC(丸ごと)】
「パソコンは自分の心の中・頭の中が丸ごと反映されているので」(39歳・女性)
「パソコンの中には、いろいろ見られたらまずいファイルとか」(35歳・女性)
「趣味丸出しのエロ動画やエロ画像などがあるから」(32歳、男性)

【2位 エッチな画像や動画や本】
「とにかくばれたくない…」(23歳・女性)
「趣味・嗜好がばれる」(30歳・男性)
「かたづける家族の気持ちを考えると。。。」(36歳・男性)
「エッチな人だと思われたくないから」(39歳・男性)

【3位 スマホ(丸ごと)】
「いろいろなやり取りが入っているから」(22歳・女性)
「他人に迷惑がかかりそう」(29歳・男性)
「メールも写真もすべてがスマホに入っているから」(32歳・女性)

【4位 昔の日記】
「かなり辛辣なことを書いていたり、若いならではの恥ずかしい話を書いていたりするため」(26歳・女性)
「その時思ったことをそのまま書きなぐっているから」(31歳・女性)
「恥ずかしい」(38歳・男性)
「大人になって見返すと小っ恥ずかしいことしか書いてないので」(39歳・女性)

【5位 インターネットの検索履歴】
「密かにオンラインノベルとか書いてるので……見られると恥ずかしい」(25歳・女性)
「いろいろ内容が入っているから」(26歳・男性)
「内面を見られているようで嫌だ」(34歳・女性)

【6位 アダルトグッズ】
「特に家族に知られたくない」(27歳・女性)
「嫁に見られたらもう一度殺されそうだから」(31歳・男性)
「遺品がTENGAで家族が生前好きだったものとして棺に一緒に入れられたら嫌だから」(37歳・男性)

【7位 恋人とやりとりしたラブラブメールやラブレター】
「昔好きだった人は今となっては嫌いな人ばかりなので、恥ずかしくて見せられない」(29歳・女性)
「恋人にはこんなこと書いてたんだ、と知られるのが、なんとなく嫌なので」(39歳・男性)

【8位 FB、LINEなどSNSでの投稿内容】
「本音トークだから」(26歳・女性)
「ずっと残るのはいやだから」(38歳・男性)

【9位 さまざまな会員登録履歴】
「悪用されて、後世に影響を与えたくない」(24歳・男性)
「よく覚えていないが、変なサイトでも登録していそうなので」(38歳・女性)

【10位 (恋人とのやりとり以外の)メールや手紙】
「交友関係の中で、意外なやりとりは知られたくない」(34歳)

「恥ずかしい」という意見だけでなく、それらの遺品を片づける家族や周囲の人を慮るコメントもあった。ツイッターやFacebookでは、亡くなったユーザーのアカウントの取り扱いについてポリシーをまとめている。考えたくはないけれど、万一の事態に備えて一度チェックしておくとよいかもしれない…。

(藤あまね)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト