「もう夢はかなえられない」「コドモな自分に愕然」

男の誕生日 「ショック」だった年齢ランキング

2016.07.07 THU

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


SNSもネットも使いこなしてるし、流行ってる服もおさえてる。自分ではまだ当然若いつもりだけど、世間的には30歳ぐらいから「おじさん」的扱いを受けることもあるらしい
写真/PIXTA
中高生のころは、とにかく早く大人になりたかった。大学生のころは、誕生日は飲み会をする口実がある“楽しい記念日”。ところが、20代後半ぐらいから誕生日を迎えるたびに、「うわあ、オレももういい歳じゃん…」とショックを受けることがある。

みんなは何歳になったときに、自分の年齢にショックを受けるものなのか? 35~39歳の会社員男性200人に、アンケート調査した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈「もうこんな歳…」とショックを受けた年齢TOP10〉

(26~35歳の10項目のなかから上位2位まで選択。1位2pt、2位1ptとして集計)

1位 30歳 233pt
2位 35歳 227pt
3位 34歳 37pt
4位 29歳 32pt
5位 28歳 18pt
6位 26歳 14pt
7位 31歳 11pt
7位 33歳 11pt
9位 27歳 9pt
10位 32歳 8pt

やはり“大台感”がある「30歳」「35歳」に票が集中。だが、ほかの年齢でもショックを受けている人はいるよう。男性たちがどんな理由でヘコんでいるのか、寄せられたコメントをまとめた!

【数字的区切り編】(左が「ショックを受けた」と回答した年齢。以下同)
「30歳」→「三十路にのっかってしまったから」(37歳)
「29歳」→「30歳の大台に近づいたので」(39歳)
「35歳」→「四捨五入すると40歳になるから」(37歳)

【恋愛・結婚編】
「30歳」→「独身だとは思わなかったから」(36歳)
「35歳」→「まだ未婚で相手がいない」(37歳)

【頭髪編】
「27歳」→「抜け毛が気になりだしたから」(37歳)
「35歳」→「白髪が増えてきた」(39歳)
「33歳」→「白髪が増えた」(39歳)

【ビジュアル、カラダの変化編】
「30歳」→「顔が徐々に老けて来てる感じがして非常にショックだった」(38歳)
「35歳」→「肌荒れがひどい」(38歳)
「29歳」→「胃がもたれ始めました」(36歳)
「35歳」→「まくらから変なにおいがしてきた」(36歳)
「29歳」→「脂っこい食べ物がつらくなってきたので」(39歳)

【その他・人生の岐路編】
「30歳」→「30歳は大人だと思っていましたが、そうなれていない自分に愕然としました」(36歳)
「28歳」→「もう歌手になりたい夢はかなえられない」(35歳)
「34歳」→「アイルトン・セナの享年と同じ年になったから」(39歳)
「30歳」→「同級生の子供が小学生になった」(39歳)

「年齢によって夢や進路が制限される」「自分のヒーロー的存在の享年を越えた」など、男心の機微に関する声も。

「男は年齢を重ねるほど魅力が増す」といわれることもあるので、年齢の“数字”に踊らされないように自分を磨きたいところですな。
(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト