40代のアク抜きダイエットテク

真夏の美容食に最適! ドラゴンフルーツの魅力

2016.07.30 SAT


40代男性のエイジングケアには、バランスの良い食事を心がけることはもちろん、抗酸化作用のある食材を積極的に摂ることが大切。この季節におすすめしたいのが、夏から秋にかけて旬をむかえる“ドラゴンフルーツ”だ。アンチエイジング効果が期待できる上に、低カロリーで手軽に食べられるので、40男にもってこいのスーパーフードという。ダイエットエキスパートの和田清香さんに、ドラゴンフルーツの特徴と摂り入れ方を聞いた。

■■今回のアドバイザー
ダイエットエキスパート
和田清香さん

NYにて皮膚学・フェイシャルケア・ボディマッサージを学んだ後、化粧品開発や美容雑誌の編集・ライター業を務め独立。自身で300種類以上のダイエット法を体験し、実際に15kgの減量に成功している。現在は個人・企業に対するエクササイズ指導やダイエットアドバイスを行うと同時に、各媒体にてDiet&Beautyに関する情報を執筆するほか、商品開発も行う。

■ドラゴンフルーツは、抗酸化作用のあるアントシアニンやベタシアニンが豊富

和田さん「ドラゴンフルーツはメキシコや中央アメリカ、国内では沖縄や九州などで栽培されているトロピカルフルーツ。正式にはピタヤという名前の果物ですが、果実の表面が龍のウロコに似ていることから、ドラゴンフルーツと呼ばれるようになりました。

ドラゴンフルーツは抗酸化作用のある『アントシアニン』を豊富に含んでいるのが特徴。また、果肉が赤いレッドピタヤ、果肉の白いホワイトピタヤ、皮が黄色で白い果肉のイエローピタヤなどの種類に分けることができ、なかでもレッドピタヤは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種『ベタシアニン』が含まれているため、よりアンチエイジング効果が期待できます」

■淡白な味わいで、そのまま食べてもサラダに加えても美味しいドラゴンフルーツ

和田さん「ドラゴンフルーツはキウイのように二等分にカットして、スプーンなどで手軽に食べることができます。味そのものは薄く、『味のしないキウイ』と例えられるほど。そのため、さまざまな食材と合わせることでよりアレンジの幅も広がります。

例えば、野菜サラダに加えれば、ほのかな甘味とシャキシャキとした食感が良いアクセントになりますし、他の野菜や果物と一緒にブレンダーにかけてスムージーにするのもおすすめです。さらに、皮の部分は天ぷらや炒め物として食することができます」

■抗酸化作用だけじゃない! ドラゴンフルーツの豊富な栄養分

和田さん「ドラゴンフルーツには、むくみに効果的なカリウム、美肌に良いとされるビタミン群、さらにはバナナの65倍もの食物繊維など、アンチエイジングの他にも美容や健康に良い成分が豊富に含まれています。夏バテ気味で食欲がないときこそサッパリとした果実で栄養を補ってみてはいかがでしょうか」

■最後にアドバイザーからひと言

「ドラゴンフルーツは海外の食材を豊富に揃えているスーパーやネットで購入することができます」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト