赤ちゃんに最適な温度と湿度って…?

寝苦しい夜、赤ちゃんスペースでクーラーつけっぱなしってOK?

2016.08.25 THU


夏真っ盛り。暑~い日が続いていますが、赤ちゃんにエアコンの冷房を使っていいのか、使うにしてもどの程度使っていいのか、迷っていませんか?赤ちゃんには冷房は負担になるって思って、めちゃくちゃ暑い室内で汗をかきかき扇風機で過ごしていませんか?それでは赤ちゃんに熱中症の危険が出てきてしまいます!

30度以上の日は室内でもエアコンで熱中症対策を


大人は少しくらい暑くても急激な体調不良にみまわれることはありませんが、赤ちゃんは体温調節機能がママやパパに比べて格段に未発達。暑い部屋にずっといると体に熱がこもり、体温が上昇してしまいます。また、30度以上になると室内でも熱中症になる恐れが。暑い日は我慢せず、クーラーを使いましょう。


クーラーの「温度設定」は28度を目安に


では、エアコンの冷房は何度に設定するのがいいのでしょうか? 外気温に対して、室内の温度はマイナス5度以内にするのがベスト。外気温と室内の差が大きすぎると、今度は外出したときに赤ちゃんの体に負担がかかっちゃうのです。ただし、35度以上の猛暑日は、28度を目安に設定しましょう。


クーラーの「湿度設定」は50~60%を基本に


そして、湿度は50~60%にすると◎。湿度が低すぎても高すぎても、赤ちゃんにとっては不快です。また、1日に2回程度は換気をして、外の湿気を取り込み、空気の入れ替えをしましょう。


寝苦しい夜のクーラー、ずっとつけっぱなし? それともタイマー?


寝かしつけるときのクーラーは、いつもより1~2度低く温度設定するのがポイントです。
人は寝入るまでがいちばん暑く、汗をかきます。眠ってしまえば体温が下がるので、室温を元に戻すと快適に眠れます。夜は徐々に気温が下がるので、一晩中クーラーを使わずに過ごせる日もあるかもしれません。調整をこまめにしてくれる高性能のエアコンであればつけっぱなしでも大丈夫でしょう。もちろん、タイマーを使って、朝方に切れるように設定すると省エネになりますね。


暑いの? 寒いの? 迷ったら赤ちゃんのおなかと背中を触って


室温等をエアコンで調整していても、寝汗をかいていると「暑いのかな?」と心配になります。そんなときは、赤ちゃんの背中やおなかを触ってみましょう。ひんやりしているときは寒いサイン、手足が冷えていても背中やおなかが汗ばんでいるなら暑い証拠です。
赤ちゃんの様子に合わせて、設定温度を調節してあげることが大切です。
汗はその都度ふき、寝ている赤ちゃんを起こしたくないときは、寝る前に背中に汗取りパッドやガーゼを入れておくと、それらを抜くだけで、着替えをさせる必要がなく便利です。


赤ちゃんのねんねスペースは、風の当たらない位置に!


最後に、クーラーを使うときに気をつけてほしい大切なことが1つあります。それは、赤ちゃんを寝かせる位置(赤ちゃんスペース)についてです。クーラーの風が直接当たるところに赤ちゃんを寝かせるのはNGです。扇風機を使うときもその風が直接当たるのは避けましょう。赤ちゃんの体が冷える原因になります。


寝汗をかきすぎるのも、体が冷えるのも、夜ぐっすり眠れないことも、赤ちゃんの体調不良を引き起こすきっかけになります。少しでも快適に過ごし、元気に秋を迎えたいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

参考/ひよこクラブ2016年8月号「夏の着せ方・過ごし方2016」

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト