“お酒ナシではカラオケ無理!”5人に1人

「酒の力」を借りないとできない行動TOP10

2016.10.02 SUN

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


確かにロマンチックな雰囲気すぎると、妙な恥ずかしさを覚えるもの。あなたはお酒なしで口説ける?
写真:PIXTA(ピクスタ)
大人たるもの、感情に任せた言動は慎むもの。しかし、普段は抑制しすぎて思い切った行動ができないため、わざとお酒を煽ってタガを外すという人も少なくあるまい。そこで、お酒が飲める20~30代独身男性会社員200人に、「シラフのままだと躊躇するため、お酒の勢いを借りてすること」についてアンケート調査を行った。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■「酒の力」を借りないとできない行動TOP10

(15項目から当てはまるものをすべて選択)

1位 女性を口説く 50人(25.0%)
2位 カラオケで熱唱する 44人(22.0%)
3位 女性の目を見つめる 39人(19.5%)
4位 風俗に行く 24人(12.0%)
5位 同僚に真剣な仕事の話をする 17人(8.5%)
6位 喧嘩をする 14人(7.0%)
6位 他人にタメ口を利く 14人(7.0%)
8位 恋人などに日頃の不満を告げる 13人(6.5%)
9位 上司に真剣な仕事の話をする 11人(5.5%)
9位 泣く 11人(5.5%)

※参考
シラフのままだと躊躇する行動はない/このような行動はそもそもしない 86人(43.0%)

4人に1人が選んだのは「女性を口説く」。大人になれば、お酒のあるシチュエーションからロマンチックな雰囲気に…というのは自然な流れ。しかし、逆に“お酒がないと”理性を保ちすぎて、キザな言葉もはけない人も少なくないのだろう。また、2位は「カラオケで熱唱する」。二次会の定番コースだが、お酒の力を借りてこそ楽しい場といえるのかも。回答者たちには、シラフだと躊躇してしまう理由も教えてもらった。

【1位 女性を口説く】
「酒の勢いでもないと恥ずかしくて出来ない」(25歳)
「おどおどするから」(27歳)
「こわい」(35歳)
「酒が入っている方がぽんぽんと言葉が出てくる」(35歳)
「失敗した時に心から悔しくなって辛くなるからです」(38歳)

【2位 カラオケで熱唱する】
「恥ずかしさが勝つ」(23歳)
「(飲まないと)ガンガン前に出ていけない」(31歳)
「他人が熱唱している姿を見てカッコ悪いと思うから。自分もそう思われていると思うから」(34歳)
「歌が下手なのでツラい」(38歳)

【3位 女性の目を見つめる】
「あまりにも恥ずかしすぎる」(30歳)
「なかなかね…俺、シャイな性格だから」(33歳)
「興奮してないと出来ない」(39歳)

【4位 風俗に行く】
「シラフなら絶対行かない」(28歳)
「ドキドキしちゃうので」(37歳)
「店に入る勇気が出ない」(37歳)

【5位 同僚に真剣な仕事の話をする】
「建前で仕事をせざるを得ないケースが多々あるから」(38歳)

【6位 喧嘩をする】
「シラフでは怒らない」(26歳)

【6位 他人にタメ口を利く】
「言葉遣いなど、普段からきっちりとした受け答えをすることが習慣づいているため」(38歳)

【8位 恋人などに日頃の不満を告げる】
「不満をぶちまけるのは恥ずかしいことだと思っているから」(38歳)

【9位 上司に真剣な仕事の話をする】
「シラフでやると無能さがばれてしまうから」(32歳)

【9位 泣く】
「泣くことは男として恥ずかしいけど、たまには泣きたい時もあるので酒の勢いで泣く」(35歳)

ほとんどのコメントで見られるのは「恥ずかしい」との意見。真面目な意見を口にすること、感情をさらけ出すことなどを「怖い」「勇気がない」とする声もある。

中高生の頃は、女性への告白も、カラオケの熱唱も、将来の夢を語ることも、シラフでできていたのに、大人になるとなかなか難しいと感じる人も多いもよう。「いい大人なんだから」なんて言葉もあるが、自分をさらけ出せる、肝の据わった男でありたいものである。

(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト