無月経を放っておくと閉経を招くことも…

生理の遅れ、受診は「3カ月」を目安に

2016.11.16 WED

働く女子を応援!L25タイムス > カラダの疑問 相談室

急激なダイエットが原因の場合は、まずは体重を戻すことが大切だそう。医師とよく相談して治療方針を決めるようにしましょう
写真:Yoshi/PIXTA(ピクスタ)
毎月28日周期で生理が来ていたのに、急にずれてしまって旅行の予定と重なった…なんて経験、ありますよね。生理周期は一定していなくても、多少ずれるくらいなら問題ないと聞いたことはありますが本当なのでしょうか? 産婦人科医の疋田裕美医師に教えてもらいました。

「生理周期は25~38日が正常範囲と言われているので、この範囲で毎月生理があるなら毎月一定でなくても問題ありません。しかし、生理が3カ月来なかったら病院へ行ったほうがいいと思います」

20~30代の女性で心配なのは、急激なダイエットやストレスで生理が止まってしまうケース。

「排卵や生理は、脳の『視床下部』の指令を受けた『下垂体』が出すホルモンにより、卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されることによって起こります。視床下部は自律神経に近いところにあり、ストレスや無理なダイエットによってダメージを受けやすいのです。ダメージを受けてしまうと、指令が出せなくなり、排卵や生理が止まってしまいます」

生理周期が一定していないだけなら、基礎体温をつけながら様子をみるのもよいそうです。どうしても生理周期を一定させたい人には、病院でホルモン剤を処方することもあるといいます。

また、無月経の背景には、甲状腺の異常や糖尿病が隠れていることもあるそう。特に甲状腺の病気は若い女性に多いので、特にストレスなどの原因がないのに生理が止まってしまった方は、一度検査をしてもいいかもしれません。

「ちなみに、40代に入ると、女性ホルモンの分泌が減って生理が軽くなる方も多いので、妊娠などの希望がない場合には、特に治療はせずに様子をみます。ただし、頻繁に少量の出血があるような際には、がんやその他の悪い病気がないか検査したほうがいいでしょう」

年代や妊娠の希望の有無によって治療のしかたも変わってくると疋田先生。生理周期が多少前後するだけなら、それほど心配することはなさそうですが、無月経を放置すると、そのまま閉経してしまうこともあるといいます。生理不順が気になる場合、また妊娠を希望する人は早めに病院へ行きましょう。

(相馬由子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト