野菜高騰で経験者は意外と多い…?

「魔女の鍋」と驚き声! 白菜代わりの“紫白菜”に要注意

2016.11.18 FRI

噂のネット事件簿

そもそも「紫の白菜」という名称自体に大きな矛盾が……
写真:MIKO/PIXTA(ピクスタ)
肌寒いこの季節に最適のメニューと言えば鍋料理。鍋物に欠かせないのが野菜だが、今年は葉物が高く、鍋をするのもためらいがち。そんななか、白菜の代わりに“紫色の白菜”を鍋に使ったあるネットユーザーの投稿が、話題を呼んでいる。

農林水産省が11月16日に発表した11月7~9日の野菜の価格は、キャベツと白菜が平年比245%、レタスが210%、だいこんが185%と、いずれも価格は2倍前後。また、東京都区部における10月の消費者物価指数を見ると、ほうれんそう、にんじん、ねぎ、きゅうり、トマト、たまねぎなど、データが開示されている全14種類の野菜すべてが平年比100%以上となっている。

そんななか、11月15日に寄せられたのが、

「ごま豆乳鍋食べたかったけど1/4の白菜が298円しててなんじゃそりゃたけええええええ!!!!!と思ったらその横に紫の白菜がその1/4の値段で置いてあったので買った結果がこの惨劇」

というツイートだ。そのユーザーが購入したのは、「紫白菜」もしくは「紫奏子(むらさきそうし)」と呼ばれる野菜で、形状は完全に白菜だが、葉っぱの色が紫色になったもの。フタをして5分ほどグツグツ煮てフタを開けたところ、鍋の汁は見事に紫色に変色してしまったようで、投稿された写真には、鍋の中で薄く色づいた豆腐やうどんが写っている。

見た目のインパクト抜群の鍋は、ツイッターで話題となり、

「あ、魔女の鍋ってこんなイメージ。 そうか紫の白菜で作れるのか」
「紫の白菜なんてあるのか… 白菜好きだけどコレはちょっとな… お汁の色が食べる気を削ぐね…」
「食欲わかなすぎwww てゆーか紫白菜があることにびっくり!いやそれ最早白菜じゃねーし!ってなるwww」

と、驚きの声や「食欲がわかない」という意見が登場。また、

「うちも1回母が鍋に紫白菜ぶち込んだことあったんだけど、色がダメすぎて食欲が2段階ぐらい下がった気分だった」
「これ!!!!今日のうちのごはんだわーーー!!!??爆笑 ちゃんぽん紫の白菜で作ったらやべえ色になった!!!!!うける!!!!!!」

など、似たような経験をした人も少なくないようだ。

ちなみにこの変色は、紫白菜に含まれる「アントシアニン」が汁に溶け出したもので、食べる分にはまったく問題無い。「食べられれば見た目は気にしない」という方は、紫白菜に挑戦してみては?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト