40代のアク抜きダイエットテク

仕事にも好影響!? 最先端の「シュリダイヴァヨガ」

2016.12.04 SUN


カラダが軽くなり、リラックス効果が期待できるなど仕事面でも大きなメリットがあることから、最近では男性の間でも流行しているヨガ。とはいえ、一口にヨガといってもバリエーションは様々なため、どれから始めてよいかわからないはずだ。そこでオススメしたいのがアメリカ生まれの“最先端”ヨガである「シュリダイヴァヨガ」。基本ポーズを覚えるだけで、40男に嬉しい様々な効果が期待できるという。詳しい話を専門家に聞いた。

■■今回のアドバイザー
ヨガインストラクター
中野憲太さん

日本初のシュリダイヴァヨガ認定講師。シュリダイヴァヨガ専門スタジオ「BOWSPRING TOKYO」やホットヨガスタジオ「HOT40YOGA」を運営している。

■普通のヨガとの違いは? シュリダイヴァヨガが“最先端”である理由

まずは中野さんにシュリダイヴァヨガの特徴について聞いた。

中野さん「シュリダイヴァヨガは、2012年にアメリカのデンバーで生まれた最先端のヨガです。シュリは“吉兆”、ダイヴァは“運命”を意味します。通常のヨガと同じように腹式呼吸をすることで副交感神経を優位に導き、リラックス効果があることに加えて、その特徴的な“ポーズ”にも効能があります。

通常のヨガはカラダの前面にフォーカスした動きが多いのですが、シュリダイヴァヨガは“しなる弓形姿勢”と呼ばれるポーズをとることで背面の筋肉を使うのが特徴。ヒップアップ効果、腹筋強化、肩こり改善などが期待できます。カラダが硬くても出来て、エクササイズ色が強いので、男性にこそ実践してもらいたいヨガです。

特に働き盛りの40代男性は、通勤や外回りなどの移動が楽になるでしょう。普段、使わない背面の筋肉を活性化させることで、前面と背面全ての筋肉を使って動けるようになり、ひとつの動作にかかるカラダの負担が軽減されるのです。また、全身運動なので代謝がアップし、ダイエット効果も促進されます」

■基本ポーズ「しなる弓形」をおぼえれば、全身の活性化とダイエット効果が期待できる

中野さんによればシュリダイヴァヨガ最大の特徴は「しなる弓形」と呼ばれる基本のポーズ。初心者でも比較的簡単に会得することができるという。

中野さん「まずポーズですが、膝を曲げて浅く屈伸した状態にします。次に、腰を後ろに反らせ、お尻を上に突き出します。胸を膨らませ、目線を正面に向けたまま後頭部を少し後ろに引いてください。その際、踵を浮かせて足指をしっかりと地面に付け、腕は降ろしたまま肩を開きます。すると、後頭部の丸み、反った喉のカーブ、胸周りの膨らみ、腰のカーブ、お尻の丸み、膝裏のカーブが出来て、横から見ると“弓”という漢字がしなっているような態勢になるはずです。

次に呼吸法ですが、胸をなるべく動かさずにお腹をふくらませたり、へこませたりする腹式呼吸をします。ヨガを行なう時に、多くの方がポーズをとるのに夢中になって、呼吸が疎かになりがちですが、シュリダイヴァヨガの姿勢は比較的呼吸をしやすいと思います」

■朝にやれば効果抜群! 本来ヒトが持つカラダの曲線を取り戻すシュリダイヴァヨガ

中野さん「理想は長時間『しなる弓形』のポーズをキープすることですが、とはいえ、ビジネスマンは忙しく、なかなか時間がとれないのが現状。そんな方は、朝の出勤前だけポーズをとり、1日の始まりにカラダに“弓”の姿勢を覚え込ませるようにします。また、出勤時や外回りで出歩く場合は、目線を正面に向けたまま後頭部を少し後ろに引いて、胸を張って歩くようにするだけでも効果があります。

人はもともと飛んだり跳ねたりする為に、背骨が緩やかな曲線を描いていますが、長時間椅子に座りっぱなしだったり、運動不足だと背中の曲線が失われてしまいます。シュリダイヴァヨガのしなる弓型のポーズこそ、本来の人間の体形なのです。普段使っていないカラダの背面の筋肉を使う為、初めはキツいかもしれませんが、それは今までの癖から脱却しようとする作用だと考えてください」

■最後にアドバイザーからひと言

「シュリダイヴァヨガを、1回体験しただけでは効果は一瞬。続けてもらって初めて分かる部分が多いヨガです」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト