2位は玉子。3位以降に男女の違いが見られた…

社会人が選ぶおでんダネの“締め”1位は「大根」

2016.12.12 MON

世論調査


画像:プラナ/PIXTA
ひとつひとつ、異なる主張を持ったタネで構成されるメニュー「おでん」。締めはどのタネで行こうか…なんて、食べる順番を考えながら味わうのもまた楽しいものですよね。

では、実際に“締め”として好まれているのはどのおでんダネなのでしょうか? 今回は20~30代の社会人男女200人(男性87人、女性113人)に「最後の“締め”に食べるおでんダネ」についてアンケートを実施しました。

なお「長く煮込んだ方が美味しくなる」ものが有利になってしまわないよう、「初めから一皿に盛られた状態」という条件設定のもとで調査したことをあらかじめお伝えしておきます。

〈最後の“締め”に食べるおでんダネTOP10〉
(全13項目から1つのみ選択。R25調べ。協力/アイリサーチ)
【総合】
1位 大根 30.5%
2位 玉子 27.5%
3位 はんぺん 8.5%
3位 きんちゃく 8.5%
5位 こんにゃく 7.0%
6位 牛スジ 5.0%
7位 ちくわ 4.0%
8位 昆布巻き 2.5%
9位 ちくわぶ 2.0%
9位 ウインナー巻 2.0%

※番外
11位 がんも 1.5%
12位 つみれ 0.5%

単に「好きなおでん」で聞いても、上位にくるであろう大根と玉子が1位2位であることに気になる点はないが、練り物系は3位の「はんぺん」以外は総じて低い順位にとどまっているのが印象的。では次に男女別の集計で見てみよう。

【男性】
1位 大根 28.7%
2位 玉子 25.3%
3位 はんぺん 11.5%
4位 こんにゃく 8.0%
5位 ちくわ 5.7%
5位 きんちゃく 5.7%
7位 牛スジ 4.6%
7位 昆布巻 4.6%
9位 ウインナー巻 3.4%
10位 がんも 2.3%

【女性】
1位 大根 34.5%
2位 玉子 26.5%
3位 きんちゃく 10.6%
4位 はんぺん 6.2%
4位 こんにゃく 6.2%
6位 牛スジ 5.3%
7位 ちくわぶ 3.5%
8位 ちくわ 2.7%
9位 ウインナー巻 0.9%
9位 つみれ 0.9%

1位2位までは同じだが、以降の順位はいろいろと異なっている。特に、きんちゃく、はんぺんの順位に大きな違いが見られた。では、それぞれのおでんダネを“締め”とした理由はどんなものなのだろう?

【大根】
「締めはあっさりしたもので終わりたいから」(32歳・男性)
「定番だから」(32歳・男性)
「大根が好きで、最初と最後は大根と決めている」(33歳・女性)
「熱そうだから冷ましておくと思う」(30歳・女性)
「途中で食べたりしつつも、ひとくちは最後までとっておいてなんとなく大根で締めたい」(26歳・女性)

【玉子】
「最後に御飯に乗せて食べる」(37歳・男性)
「黄身をスープに崩して食べるのが好き」(30歳・女性)
「玉子は、最初、中間、最後の三回食べたい」(38歳・女性)
「たまごは途中で食べるとのどにひっかかるから」(34歳・女性)

【はんぺん】
「一番好きだから」(24歳・男性)
「お腹を満たしやすいもの」(31歳・男性)
「最後ははんぺんにかぶりつくから」(38歳・男性)
「最後はあっさりいきたい」(39歳・女性)

【きんちゃく】
「美味しいから」(23歳・男性)
「ライスの代わり」(35歳・女性)
「他の具材に比べて食べにくいし、ボリュームもあるから」(37歳・女性)
「最後に炭水化物を食べたい」(23歳・女性)

【こんにゃく】
「ヘルシーだから」(24歳・男性)
「最後はあっさりしたタネで締めたいので」(36歳・男性)

【牛スジ】
「牛スジで始まり牛スジで締めたい」(36歳・女性)

【ちくわ】
「ちくわが一番好きだから好きなものを最後に食べたい」(30歳・男性)

【昆布巻き】
「好きだから」(38歳・男性)

【ちくわぶ】
「炭水化物は最後に」(39歳・女性)

【ウインナー巻】
「ウインナーが好きだから」(28歳・男性)

理由のコメントを見渡して感じたのは、性別による“my Best締めのおでんダネ”を語る熱量の差。男性のほとんどが「好きだから」「おいしいから」とごく淡泊な回答だったのに対し、女性はより熱を感じさせる回答が多く挙げられました。特に男性には1件も見られなかった「○○に始まり○○で締める」、そんなこだわった寿司の食べ方のような回答がいくつもあったことが印象的。

さらに、モチが具になっている「きんちゃく」と小麦粉が材料となっている「ちくわぶ」のコメントにも注目です。「ライスの代わり」「炭水化物~」とあるように、ごはんやうどん的なものととらえることは、男性である(というか炭水化物の摂取に無頓着な?)筆者にとって目からウロコでした。

どうも、おでんの締めへのこだわりは女性の方が強そうですね。男性読者のみなさま、お店でなどで女性と同じ皿から取り分けて食べる場合もあると思いますが、こと「おでん」については取り扱い注意がいいのかも。

(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト