今シーズン買ったのにもう毛玉ができてる…

流行のモヘア調ニット 洗えない場合は●●で解決!

2017.01.19 THU

働く女子を応援!L25タイムス

もし毛玉ができてしまった場合は、その部分にT字カミソリをかけて毛玉を除去すると良いそう。毛玉クリーナーよりも力の加減がしやすく、生地を傷めにくいのだとか
画像提供/写真:Juicyimages/アフロ
ここ数年、冬のトレンドとなっているモヘア調のニット。毛足が長くふわふわで可愛らしさを演出してくれるアイテムだけど、脇や袖口などに毛玉ができやすく、自力でのお手入れが難しそう…。とはいえ、なるべく清潔に、見た目もきれいに保ちたい! そこで、モヘア調ニットのお手入れ方法を、“洗濯王子”こと、洗濯家の中村祐一さんに伺いました。

「まずは、洗濯表示をチェックして自宅で洗えるか、洗えないかの確認をしましょう。洗える場合でも、毎回の洗濯は衣類に負担がかかるので、数回に1回の頻度での洗濯が良いでしょう」

自宅で毛玉ができにくいように洗う方法は以下の通り。

STEP1:20~30度のお湯で表示通りの濃度に溶かした中性洗剤を洗面台や桶などにはり、畳んで洗濯用ネットに入れたニットを押し洗いする。この時、“5回軽く押し、1度湯から上げる”を計5セット行う。

STEP2:1の湯を捨て、きれいな水ですすぐ。ここでも“5回軽く押し、1度湯から上げる”を計5セット行う。

STEP3:表示通りの濃度に水で溶かした柔軟剤につける。

STEP4:洗濯機の脱水モードに30秒~1分かける。長時間脱水にかけると、伸びたり、きついシワがついたりしてしまうので注意。

STEP5:風通しの良い場所で平干しする。

ちなみに、特に汚れがひどい箇所には洗剤を原液でつけてなじませ、軽くすすいでから、洗濯をすると良いのだそう。

意外と簡単に洗濯できることが分かったけど、洗えない場合はどうしたらいいのでしょうか?

「シーズンに1~2度はクリーニングに出したほうがいいですが、それ以外は着た後にブラッシングをすることで、埃などの汚れが落とせ、毛玉が防止できますよ。まずは下から上に向けて毛並みを起こすようにブラッシングします。その後に上から下に、ニットの毛並みを整えるようにブラッシングするといいでしょう。特に毛玉ができやすい場所は重点的にブラッシングします」

この時使うブラシは、馬毛の静電気除去洋服ブラシがオススメとのこと。
中村さんも愛用しているという「KENT 静電気除去洋服ブラシ(馬毛)」(池本刷子工業株式会社)。馬毛は豚毛に比べしなやかで、服地を傷つけにくいのが特徴。ブラシ部分に静電気除去繊維を混毛しており、静電気で服地に吸着していた埃も落としやすい
中村さんも愛用しているという「KENT 静電気除去洋服ブラシ(馬毛)」(池本刷子工業株式会社)。馬毛は豚毛に比べしなやかで、服地を傷つけにくいのが特徴。ブラシ部分に静電気除去繊維を混毛しており、静電気で服地に吸着していた埃も落としやすい
ブラシはモヘア調以外のニットにも使え、またスーツなどの衣類のお手入れもできるので、ひとつ持っておくと良さそう。これで毛玉問題は解決したけど、ニットといえば“ニオイ”が付きやすいのも気になるところ。

「ニオイ対策にはスチームで対応します。アイロンをスチームモードにして軽く浮かせながらニットに蒸気をあてると、ニオイが取れ、シワも伸びますよ。ちなみに、衣類用消臭スプレーは何度も使うとごわつく可能性があるので、多用するのはあまりおすすめではありません」

後はハンガーにかけずに、畳んで収納すればお手入れ完了。このお手入れは、洗濯できるニットにも普段からしておくと良いそう。また、ブラッシングは洗濯した後にもすることで、ふわふわな毛並みが復活しやすくなるので必須です。

せっかくおしゃれなモヘアニットを着ていても、毛玉が付いていたら可愛らしさが半減してしまうもの。日頃からこまめにお手入れするだけで、長くきれいに着られるので、ぜひ試してみて!

(河島まりあ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト