あの「カレーが辛かった事件」再び?

YOSHIKIが怒って帰った!15年目にあのカレーを再現!!

2004.11.18 THU

東京ドームコンサートのリハの日「いきなり帰ったのは、出前のカレーが辛かったから…」まるでカミュの『異邦人』の一説のような迷言が飛び出した。それがかの有名な『YOSHIKIのカレーが辛かった事件』だ。

今年でデビュー15周年を迎える『X‐JAPAN』は、今年の頭から『メモリアルコレクション』と題して、特製ワインやジッポライター、香水を入れるアトマイザーなど様々なグッズを発売。その第4弾として「あの事件のカレーを再現しよう」というバカバカしくも壮大な計画が立ち上がったのだ。YOSHIKIのマネージメントを行っている『株式会社アクシヴ』の川嵜将一氏が企画を出した本人。

「他のグッズはXの美しい部分を象徴してますが、もっとロックで、ブっ飛んでる一面を表現したくて企画しました。さすがに怒られるかな…と思いましたが、YOSHIKIさんも『俺って変なミュージシャン…』と笑ってノッてくれましたね」

で、実際の辛さはどんなもんです?

「当初は普通の“辛口”レベルを考えていたんですが、完成品をYOSHIKIさんが試食したところ『これじゃ辛さがぜんぜん足りない!』とダメ出しをされまして…、さらに改良を加えた結果、本人も一口食べて『OK。辛いね』と言って帰ってしまうほどのモノに仕上がりました」(同氏)

では、実家に帰るつもりでさっそく挑戦。キレ辛スパイスをたっぷりかけてパクリ。うん? 口当たりはそれほど辛くない…ぐわぁ~~!! (口から火)一瞬おいて辛さが来た! 顔中汗だらけです。仕事の途中で帰るほどじゃないけど、相当の辛さ!

ちなみに注意書きには『スパイスをすべて入れると、ドラムを投げたくなる、家に帰りたくなるなどの症状が出ることがあります。お子様やロックミュージシャンの手の届かないところに保管して下さい』ですって。みなさんも汗とTears流して挑戦してみては? それにしてもカレ~~!!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト