自分のいびきが気になる人へ…

旅行シーズンを前に用意したい最新いびき防止グッズ!

2005.06.16 THU

ZZZ…。旅行先で同じ部屋の人のいびきがうるさくて眠れなかったことってない? 製薬会社が全国の20~50代・男女800人に行ったアンケートによると、ナント9割以上が他人のいびきで眠れなかった経験があることが分かった。ところが、そんな結果が出ているにもかかわらず、半数以上の57%が「何も対策をしていない」ことも明らかに。一度気になり出したらなかなか眠れないのが他人のいびき。「眠れないよぉ!」と隣に寝ているカノジに嫌われないためにも、夏の旅行シーズンを前にいびき防止グッズを紹介しよう…とその前にお勉強。

そもそもいびきの原因とはナニか。人は寝ている時、筋肉の緊張が解ける。同じように、舌の奥の「咽頭」や「軟口蓋」(いわゆるのどちんこ)もダラリとゆるんで気道が狭くなる。その状態で呼吸をすると、ブルブル震えて音が鳴る。コレがいびきだ。お酒を飲みすぎれば筋肉はより弛緩するし、太ってる人はのどや舌にも余分な脂肪が付いてるから、いびきがますますひどくなる…。そこで、いびき防止グッズだ。「最近の傾向は、鼻テープや枕など、鼻腔やのどを広げるものが主力です。ほかには、口に貼って強制的に鼻呼吸を促すテープや、枕の下に敷いておくと、いびきの音に反応して振動する器具なんていうのもあります」(東急ハンズ渋谷店・石井氏)。

逆に、他人のいびきがうるさくて眠れない時はどうするか。先に爆睡するのが一番だけど(笑)、そうもいかない場合は、枕の高さを低くしてあげたり、枕やベッドの下にタオルを入れて、頭や姿勢を横向きにしてあげるといい。だけど、ここで注意。あまりにも大きな音だったり、途中で「ガ~ッ」とうなった後に静かになるのは、無呼吸症候群の可能性もあるから「いびき外来」のある病院でキチンと診てもらうことを勧めます。いびきは他人への迷惑だけじゃなく、本人のカラダにも負担がかかってることを知っておこう!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト