21世紀は老人の時代!?

どんな会話で盛り上がるの?シルバー合コンに潜入しました

2006.07.06 THU

5年後には「超高齢化社会」(65歳以上が全人口の20%を超える社会)に突入すると言われている老人大国・ニッポン。増加の一途をたどるシルバーの間で、いま「合コン」が流行っているのをご存知でしょうか?

シルバーと合コン。何とも似つかわしくない取り合わせですが、以前バラエティ番組で嵐が取り上げて以降、その存在がクローズアップされるようになりました。とはいえ、シルバーの合コンなんて聞いてもまったく想像がつきませんよね…。

「確かに月に一度、初対面の男女が一堂に会し、お酒やカラオケで交流を深めています」とお答えいただいたのは、徳島で「シニア居酒屋コンパ」を主催しているNPO法人「シニアパワーネットワークとくしま」の五藤さん。やっぱそれって若者みたいなノリのコンパなんですかね…?
「いえいえ、現役時代の活気を取り戻そうと企画されたさわやかな交流会ですよ。恋が生まれたりはしないです(笑)」(同氏)

うーん。でもやっぱ気になる。願わくばこの目で見てみたい! どんな会話で盛り上がるのか聞いてみたい! そんな一心で、なんと実際にシルバー合コンを開催しちゃいました! 場所は下町・南千住。お集まりいただいたのは町の老人会に所属する総勢9名(男5:女4)の心若きシルバーたち(含む、僕の祖父85歳)。合計年齢なんと707歳! 異次元の合コンです!

乾杯して、自己紹介をしてと、ごく普通の流れで始まったわけですが、のっけから「片桐です。年齢は…いくつだっけ?」なんてシルバー節が炸裂。そして気になる会話に耳を傾けてみると、病気や戦争の話、最近の教育に対する苦言や、地域の畑に植えるイモの話題などなど、ともかく縦横無尽に話が飛び交っていました。

終盤には「女に興味がなくなったら男は終わり」てな力強い格言も飛び出し、さらにうちのおじいちゃんも去年まで現役だったことが判明! 孫としては少々複雑な気分です…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト