上海・四川・広東・北京…

中華料理の違いをネタにちょいモテ小噺を一席

2006.10.12 THU

食欲の秋、ちょっと彼女とオシャレにランチでも! で、フレンチかイタリアンのいい店知らない? って、そこのキミ! 中華料理を忘れちゃいかんよ。

「中華? デートでラーメンとか?」なんて彼女から先制攻撃を受けても、落ち着いてこう答えよう。

「中華と一口にいっても、おおまかに北京、上海、四川、広東が四大中華料理といわれていて、それぞれ特色が違うんだ。本格中華は、フランス料理やトルコ料理とともに世界三大料理と称される美食なんだよ」

ホラ、彼女の見る目もちょっと変わってきたでしょう。中華の味の傾向を大きく分けると「東は酸っぱく、西は辛く、南は甘く、北は塩辛い」という特徴があり、「東酸、西辣、南甜、北鹹」と呼ばれている。もう少し具体例を挙げれば、上海は、海鮮が充実していて、上海蟹や小龍包が代表料理。四川は、辛味を効かせた料理が多く、麻婆豆腐がよく知られている。広東は「中国人は何でも食べる」という言葉通り、とかくゲテモノ含み食材が豊富、焼売や酢豚も広東料理だ。北京は、なんといっても北京ダックと水餃子が有名で、宮廷料理として洗練されたという経緯がある。

「広い国土を持つ中国は、四大料理だけじゃなく、八大料理、十大料理といったようにバラエティーがたくさんあります。さらに医食同源を料理の基本としている中国では、食事はお腹を満たすためだけのものではなく、健康維持や病気予防といった意味も含まれているため、各地域の風土によって細分化されているんです」(中国文化に詳しいジャーナリスト・城戸久枝さん)

同僚と評判のラーメン屋に行くのもいいけれど、彼女と本格中華を堪能したり、仲間と大きな円卓を囲んでワイワイ楽しむのも悪くない。そんな時、この小噺をしてみれば「○○クンって、物知りね」なんて好感度があがるかも。ただし、知識のひけらかしと思われないよう、あくまでさりげな~く披露するように。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト