先生に隠れなくても大丈夫

オトナに人気の「はやべん」は胸を張って食べよう!

2006.12.21 THU

はや弁が大人気! といっても、お腹を空かせた学生の話ではない。高速道路のサービスエリア(以下SA)で販売していることから『速弁』と名付けられたお弁当が、駅弁、空弁に続く、新たな旅のお供として話題なのだ。

今年11月に全7種類が発売されるや注文が殺到。驚くことに、一番売れているものの値段は3000円だという。

気軽に食べるには高すぎない? そこのところどうなの? 販売を手がける南条SA(下り線)総支配人の根本さんに疑問をぶつけてみた。

「価格が高いという声はお客さんからもありますが、旅行や行楽といった特別なハレの日に食べていただければと思っています。地域の特産物を料亭の味で販売するというコンセプトで、現在は愛知、福井、岐阜でしか扱っていませんが、観光で訪れる女性を中心に好評ですよ! 関西からいらっしゃる方もいるくらいで」

えっ、中部地区限定なの!? ならば、と行ってきました、東京~福井、往復1000km所要12時間。雪化粧の山々を越えて南条SAに到着すると、お目当ての『速弁』は昼過ぎには売り切れ寸前でした。

地元の日本料理店『一乃松』が作ったという『越前宝膳』は、2段重ねの弁当箱が風呂敷に包まれた上品な佇まい。中を開くと、カニの甲羅盛り、カニツメフライ、カニのおかき揚げ、焼カニと、カニ、カニ、カニの、カニづくしでボリュームも満点!

ほかのお弁当も、料亭の女将が手がけるなど高級志向で1500円前後。

今後、季節ごとにメニューを変えていく予定もあるという『速弁』。もっと近場でも食べられればな~。

「おかげさまで好評をいただき、来春には、首都圏や関東方面でも販売を検討中ですよ」(中日本高速道路・平沢さん)

ブームが広がるのも速そうな、SAの新定番。今から春の行楽を楽しみにするのは気が早い?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト