食・卵かけ、マヨネーズ、レトルトなど…

テレビやネットで話題の炒飯パラパラ・テクを大検証!

2007.02.22 THU



撮影/原田真理(STUDIO DUNK)
「炒めた飯」と書くその名にて、調理手順のすべてを示す潔さ。冷蔵庫の残り物をすべて、具材として受け入れる懐の深さ。どこをとっても、男の料理と呼ぶにふさわしい逸品…それがチャーハン。だがただひとつ、妙に諸説がわかれる点がありますよね。それがTVや料理本はもちろん、ネット上で毎日のように、その手法が熱く議論される“パラパラ論争”。そこで今回は、著名な炒飯のパラパラ化テクを一堂に集め、その真偽を検証してみたのです。

まずは『伊東家の食卓』などで話題となった「卵ごはん方式」。手順どおり、事前にご飯と生卵を混ぜ合わせ、熱したフライパンへ投入したところ…直後は超ビジョビジョ。かなり不安が募ったが、懸命にこねくること数分で見事パラパラに。フライパンを十分に熱しておく、結構体力を使うといった条件はあれど、手軽に黄金炒飯ができる技としては魅力的、とみました。

続いては、ネット・コミュから火がついたとされる、油の代わりにマヨネーズを使う「マヨネーズ方式」。結論からいえば、これがいちばん手軽! なにより、投入したご飯がマヨと絡まった直後から、劇的なパラパラ化がスタート。仕上がりの食感も、やや油っぽいものの、飯の一粒一粒がわかるほどでしたよ。調べてみたところ、マヨネーズの油分が飯によく絡むだけでなく「酢の成分が、飯粒を引き締める効果を発揮する」のだとか。ちなみに熱により酸っぱさはかなり飛んでしまうのでご安心を。

そして最後は意外な伏兵の、レトルトのご飯をチンせずに使う、という技。これに関してはズバリ、炒める前から確かな満足が! だって、すでにご飯がパラパラなんだもん。当然、炒めた感触も良好。炒めすぎると逆にふっくらしてしまうのかな? とも思いましたが、すぐにつくれる手軽さは文句なし、でしょう。もちろん、肝心の味付けに関しては、さらに個人の好みがわかれるでしょうから、次の機会にて。しかし、腹いっぱい過ぎですわ~!!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト