ニットもスーツも洗っていいの?

正しい手洗いの仕方が知りたい!

2007.04.19 THU

クリーニングに出すほどのものじゃないけど…コレ、家で洗っていいの?」ってな感じの、ちょっとしたオシャレ着。けっこうありません? どう扱うべきかよく分からなくて、引き出しの奥にしまっちゃったりして。洗うにしても、どうやればいいんだろう? 洗濯情報サイトの管理人を手がける洗濯のプロ、岩田清さんに聞いてみました。すると、なんと中性洗剤を使った手洗いなら、なんでも洗っちゃっていいのだとか。

「ちゃんとアイロンがけをする根気があればの話ですが。スーツだって自分で洗うことができますよ」(岩田さん)

アイロンがけか…めんどうですね。しかもお気に入りのスーツで失敗したらと考えると…ハードルが高いです。だけど、この季節に活躍する薄手のニットやベスト、そしてドライ表示の衣類も洗えるなら、それはうれしい。どうやって洗えばいいの?

岩田さんによると手順はこうだ。1.洗う前に色落ちしないかどうか、目立たない場所に洗剤をつけてチェック。2.中性洗剤を入れた30度程のぬるま湯に衣類をつけこみ、2~3回押し洗いして5分ほど放置。3.衣類をネットに入れ、脱水機にかけてすすぐ。4.柔軟剤で2~3回押し洗いしてつけこむ。5.最後に再び脱水し、シワを伸ばして形を整え、厚手のハンガーで乾かす。やさしく洗いたい場合は脱水機ではなく、バスタオルに挟んで水分を取るとよいとか。

「極端な汚れがなければ、これでキレイになります。でもお気に入りの衣類や100%ウール、そして厚手で乾きにくいものはプロに任せた方が安全ですね」(同)

なるほど。では最後に洗濯のコツを。

「着た衣類をそのまま放置したり“まだにおわないから”と、何回も着てはダメです。黄ばみやシミを作る原因になりますから。つまり“洗濯物はためずにすぐ洗う”。これにつきるんです」(同)

勇気と根気と経験があれば、なんでも洗える手洗い。次の休日、安物のニットあたりで挑戦してみよっと。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト