コーヒーにまつわる豆知識

ダッチにトルコ、ギシル…こんなコーヒー知ってる!?

2007.04.19 THU



版画提供/奥山義人 撮影/山本真司
日本に伝来してから少なくとも200年以上が経つコーヒー。仕事のちょっとした息抜きに、フロアのOLちゃんを誘ってコーヒーブレイク、なんて方も多いのでは?

でもコーヒーは普段あまりに身近な存在すぎて、実はよく知らないことって多くありません? 例えばカフェオレとカフェラテの違いをうまく答えられますか。

「カフェオレはコーヒーに牛乳を加えたもので、ラテはエスプレッソに牛乳を加えたものです」とお答えいただいたのは、東京カフェマニア主宰の川口葉子さん。

「エスプレッソは深煎りした豆を、高圧の蒸気で抽出したもの。一気に抽出するのでエグみもなく、コーヒーのおいしい部分だけが凝縮されてるんです」

油っこい食事の後には苦いエスプレッソがキくんですが、ブラックも含めコーヒーに砂糖を入れないのは日本人くらいだとか。

「日本は茶道の影響か、わびさびと言いますか、苦味そのものを楽しみますよね」

エスプレッソベースのコーヒーはほかにも、ラテに泡立てたミルクをのせたカプチーノ。エスプレッソに直接フォームミルクを少し入れたマキアートなどがあります。

さらに、子供のころ「コーヒーにソーセージが入ってるのか?」と勘違いした、ウィンナコーヒーってのもありました。

「コーヒーに生クリームをのせたものですね。でもナポリタンや天津飯みたいに、本場ウィーンにはありませんよ(笑)」

他にもダッチ、トルコ、ギシルと我々の知らないコーヒーが。

「ダッチは麦茶のように水で抽出するコーヒーのこと。1杯作るのに8時間かかりますがとってもおいしいですよ。トルコは、水から豆を煮立てて上澄みだけを飲むもの。ギシルはコーヒーの実を乾燥&焙ってから煮出したもの。以前苦労して飲みましたが、もういいかな(笑)」

ひと通り知ってれば、ちょっと通ぶれるネタばかりじゃないですか。早速、本日のカフェタイムに披露しよっと。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト