実はマジメなマッサージなんです

腎臓や腰痛にも効果アリ!睾丸マッサージを体験してきた

2007.11.08 THU



撮影/磯部 淳
我が輩は今、睾丸をマッサージされている。プニ、プニ。キュ、キュ。プニニ。ニューン痛くはない。むしろ、超キモチいい! 実にタマらない安らぎを感じている次第である。

おっと、ここはタイ古式マッサージの店であり、断じて風俗店ではない。ナニを隠そう、睾丸マッサージは古くからタイに伝わる真面目でレアな施術なのだ! その効果を本場タイのワットポー(寺院)で研鑽を積んできた小林さん(♂)に聞いてみた。

「睾丸マッサージはタイではジャップカサイという名称で行われています。睾丸や、その周りにあるリンパを刺激することで、精力増強だけでなく、腎臓の機能回復や、腰痛や背中の痛みの緩和にも効果を及ぼすと言われているマッサージなんですよ」

タマもみが腰や背中のパワーにも影響するとは、これぞ東洋医学の神秘である。ポイントは、最初に1~2時間かけて全身をマッサージして自律神経に刺激を与え、内臓やホルモンなどの働きを活性化させておくこと。そのうえで、最後に約10分の睾丸マッサージをプラスするといつも下着の中で蒸れ&圧迫に苦しんでいた我がタマが、解き放たれてダンシング&アメイジング! 1回での効果は人により異なるそうだが、かつてないリフレッシュ感が味わえる。

「およそ2500年の歴史があるタイ古式マッサージのなかでも、ジャップカサイは男が男に施す難易度の高い技として伝承されていました。女性には力の加減が難しいですしね(笑)。しかし、時代とともに男のマッサージ師が減ったこともあり、いつしかジャップカサイは女性による性的なサービスだと誤解されるようになったのでしょう。実際に、タイでは風俗店が観光客を引くためのパフォーマンスとして行っている場合もありますから」(小林さん)

睾丸マッサージの神髄は、男に施術されてこそ体感できるということか。願わくば、諸兄もトライしてみてほしい。己の睾丸と真剣に向き合える、貴重な体験になるはずだから。プニ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト