塩チョコの次はコレ!

意外においしい“チョコスイーツ”選手権

2008.01.24 THU

去年は“塩スイーツ”が大流行! スイーツ+塩というアイデアだけで、新鮮な大人向けの味覚になるとは…まさに盲点のレシピだ。そこで、スイーツの可能性に金の匂いを感じた筆者は、単身バレンタイン商戦に殴り込むため、チョコを利用して斬新なスイーツを開発することを決意! 打倒・塩スイーツ!

まずは調味料系。醤油、味噌、マヨネーズをそれぞれ溶かしたチョコレートに混ぜて試食してみたら…微妙×3! なんとも言えない不快なフレーバー。とても新スイーツとして提案できる組み合わせではない。う~ん、意外に難しいなぁ。

なかばヤケになりつつ、次にフード系に挑戦。ご飯、生ハム、サラダ、納豆など計20品目の食材とチョコを組み合わせてみたら…(やっぱり)マズい×19! ところが唯一、プチトマトだけはちょっとイケることが判明。チョコの甘みとトマトの酸味がくすぐり合うような、お茶目な味が絶妙、だと思う! これはぜひとも商品化を目指すべきであると、調子に乗ってチロルチョコ株式会社に提案してみました。

「実はかつてトマト味は試作したことがあるんですよね」(広報担当の阿南さん)

先を越された! しかも、没ネタだったとは…む、無念。

「チロルチョコの開発にはいろいろなアイデアが出されます。カレー味、わさび味、チーズ味、うなぎの蒲焼き味、食べられるものなら何でもOK(笑)。もちろん、ボツになったアイデアは数えきれません。商品化を見込めそうな味でも、20~30週かけて試作を繰り返していきますね」(同氏)

チョコって、素人が簡単にイジれるほど甘くはないんですね。とはいえ、チロルチョコのなかでもナンバーワンの人気を誇る『きなこもち』も、発売前はこんなに売れる商品になるとは思っていなかったんだとか…。だったら、やっぱりもう一度『トマト味』を試作してみてくださいよ~! そうそう、納豆&チョコも意外にいい感じだったッスよ!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト