現実でやったらアリなの? ナシなの?

ドラマやアニメの定番胸キュンシーン“不意打ちチュウ”に迫る!

2007.09.14 FRI


受け入れてもらえるか? それとも…ドキドキ感も“不意打ちチュウ”の醍醐味!?
男性からの不意打ちのチュウ。その瞬間は取り乱すも、翌日からその男性のことが気になっちゃってしょうがない女性。「あんなことされたら、意識しちゃうじゃない…バカ!」――こんな展開、ドラマやアニメなどで遭遇したことはありませんか?

その後、ドラマでは無事にめでたく結ばれるのが常だけど、果たして現実世界でもそうウマくいくものなんだろうか? これは恋する男にとって無視できないテーマであり、ネット上でも多くのブログやコミュニティなどで取り上げられている。結局女性にとって、“不意打ちチュウ”はアリなのか? ナシなのか? 男女の恋愛に精通したエッセイスト・潮凪洋介さんに伺ってみた。

「単純に“好きな男性”からだったらアリでしょう(笑)。というか、むしろこの場合は待ち望んでいると思いますよ。男性が思うより、女性は唇へのキスを『本気のアプローチ』として受け止めてしまいがちなんです。なので、酔った勢いや火遊びのつもりで“不意打ちチュウ”をすると、後々大変な事態に…なんてことにもなりかねません」

チュウは女性にとって神聖なもの。その意識を持って臨まないと、相手をひどく傷つけてしまうことになる。…ということは、やっぱり好きでもない男性からされるのは?

「嫌でしょう(笑)。ただ、どんなプレイボーイでも“不意打ちチュウ”をするときは、一種の賭けのような気持ちで臨んでいるのです。相手の女性と進展したいときは、“不意打ちチュウ”に賭けてみるのもアリだと思いますよ」(同)

潮凪さんによると、女性は会った瞬間から「この男性とのLOVEはアリか? ナシか?」を即座に判断しているのだという。しかし、残念なことにそれを読み取れる男性は少ない。したがって、本当に“賭け”をするような思いきりが必要とされるのだが…ここで、失敗したときのためのワンポイント・アドバイス。

「ウマくいかなかったときのために『ごめん。ついしたくなっちゃったんだ』とか、『キミが受けて入れてくれるかどうか、試したかったんだ』というリスクヘッジの言葉を用意しておきましょう。言葉とセットにすることで自分の動揺を隠しやすくなりますし、それまでの関係にも戻りやすくなります」(同)

この「言葉とセット」という術は、“不意打ちチュウ”をするにあたって、絶対にハズせないポイントなんだそう。たとえウマく成功した場合にも、だ。

「『ずっと好きだったんだ』『会った瞬間からキスしたいと思ってたんだ』などの相手に自分の気持ちを伝える言葉は必要です。そうでないと、女性は『この男性はいつもこんなことしてるのかしら?』と不安に思ってしまう」(同)

どんな状況においても女性を悩ませるような“不意打ちチュウ”はご法度。くれぐれも「無理やりにでもしてやろう」だなんて思わないように!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト