恋人の携帯チェックは当たり前!?

みんなはどうやって浮気疑惑を回避しているの?

2008.03.14 FRI


男性にはない“第六感”をもつとも言われる女性たち。いくら浮気がバレないよう万全の対策をしたところで、彼女たちのチェック能力はあなどれないみたいですよ! イラスト/佐藤広基(Realize)
皆さん、浮気なんてしたことあります?(って、答えにくい方もいるかもしれないですが) 今回、アバウトミー(下記参照)で行った独自調査では「NO」という人が多かったものの、どうやら女性は日頃から色々な方法で浮気チェックをしているなんて話もよく聞いたりしますよね。

そこで、SNSなどのネットサービスを使って20~30代の女性にアンケートをとったところ、一番多かった浮気チェックの方法は「携帯の盗み見」。「彼氏が携帯にロックをかけるようになった」「常に持ち歩くようになった」など、扱い方の変化も見逃さないのだとか。また、部屋に残る浮気相手の痕跡やリンスの減り具合、カーナビの走行履歴やレシ―トまでチェックするなど、思いもよらない細かいところにも目を光らせているようです。

では、もし一夜の過ちを犯してしまった場合は、どうすれば彼女に知られずに済むのでしょう? 同様にR25世代の男性にリサーチしたところ、「普段どおりの行動&証拠隠滅を心掛ける」との意見が大半。標的になりやすい携帯チェック対抗策もあるようで、ツワモノのなかには「見られたくないメアドや写真はメモリーカードにのみ登録。彼女と会うときはカードごと抜き去る」「携帯を2台使い分けるか電話帳に仮名を使用」「メール履歴などは削除しても不自然な件数のままにしない」など、手の込んだ方法を使う方も!

また、バックライトの点灯時間を最長に設定し、触られたらわかるようして彼女の動向を探る人や、「フリーメールのアドレスを上司の名前で携帯に登録し、そこから自作のアリバイメールを送る」と、巧妙なテクを使う人もちらほら。ちなみに、探偵として日頃から浮気調査などを行う探偵BAR「ANSWER」の沢田健一さんにこの結果を見せ、意見を伺ってみました。

「どれも巧妙なごまかし方ですが、作り込むほどボロが出やすいのも事実。付け焼刃的な嘘はつじつま合わせに苦労するし、逃げ場もなくなります。彼女の前で動揺しないのは原則ですが、もし途中で嘘がバレても、『実は同僚の離婚相談に乗っていて』と、だから言えなかったんだ的なオチを切り札として用意しておくのも大切です。毎回仕事を言い訳にするとかえって疑いを強めるし、携帯のロックもNG。かけるなら、彼女の写真を待ち受けにし、『それでも疑うの?』と、彼女の心をロックしてください!」

ん~、コレで完璧!? ではなく、悪行がバラれたくないほど大切な彼女なら、そもそも浮気なんかせずに大事にしましょうね!
(清川睦子/verb)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト