三角食べって習わなかった??

ご飯や料理を一品ずつ食べる“ばっかり食べ”が増える理由

2008.06.12 THU



写真提供/AFLO
飯おかずみそ汁飯おかずみそ汁と一口ずつ食べ物を口にする三角食べ。家庭や学校でしつけられたという人もいるのでは?しかし最近、ご飯ならご飯だけを全部食べきり、おかずならおかず、みそ汁ならみそ汁だけとそれぞれの料理を一品ずつ、漢字ドリルのように片づけていくばっかり食べなる食事方法が、小中学生を中心に広がっているとか。ホントに?

農林水産省、厚生労働省、内閣府食育推進などの関係省庁に問い合わせたところ。ばっかり食べを調査した統計はないものの、学校給食を管轄している文部科学省によると「教育現場ではそういった食べ方が増えている傾向にある、と聞きます」とのこと。

その原因はいったい何か? 食育ジャーナリストの金丸弘美さんにうかがいました。

「大きいのは、家庭の食卓の崩壊傾向ですね。家族3人いたとしても、食べているものはバラバラ。例えば朝食なら、お母さんはお茶だけで、子供はヨーグルトとパン、お父さんは抜き。家族をつなぐ食卓が機能していないので、親から子供へ、食べ方をしつける機会が減っているんだと思います」

子供の食生活を調べた日本スポーツ振興センターによると、朝食を子供たちだけで食べている小学生は4割近くもいるとか。

ちなみに、本誌編集部員の若手にもばっかり食べ派がいたのですが、彼いわく「味が混ざるのが嫌」「ご飯はご飯だけで、噛めば噛むほどおいしい」のだそう。まあ、食事を残さなければ、栄養価的には問題がないから平気な気もしますが。

「確かにそうなんですが、三角食べの場合はたとえ料理を全部食べ切れなくても、栄養バランスは良いじゃないですか。これがばっかり食べの場合、食事を途中でやめると特定の料理がまるまる残って、栄養バランスが悪くなってしまうんですよ」(金丸氏)

なるほど。そういう考え方もありますね。個人的には、ご飯とおかずが口の中で混ざる味が好きなんですが。みなさんはばっかり食べ、どう思います?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト