約13万人の女性がハマっているSNS!?

ファッションSNS「プーペガール」を参考に女性をうまくホメるコツを研究してみた!

2008.07.18 FRI


SNS「プーペガール」の画面。画面左にいるのが「プーペ」。毎日着せ替えて、仮想世界でもコーディネートが楽しめる。利用者の実に98%が女性だという
「リエコの『プーペ』、とってもカワイイ!! もしよければワタシと『プペとも』にならな~い!?」これは、女性に人気のファッションブランドコミュニティ「プーペガール」での一幕(想像)。今、流行に敏感な女性の間ではこんな会話が繰り広げられているそうなんです。こちらのサイトは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)らしいのですが、いったいどんな特徴があるのでしょうか。プーペガールの社長、森永佳未さんに人気の秘密を聞いてみました。ついでに「プーペ」と「プペとも」の意味も教えて!!「SNSというと、ミクシィが有名ですよね。ミクシィは日記を書くことで、友だちと日常の出来事を共有するのに対し、『プーペガール』はファッションの趣味趣向のみを対象にしています。『プーペ』とは着せ替え人形、わかりやすく言えばアバターですね。『プペとも』は、ミクシィの『マイミク』に当たります。自分の分身=プーペを自分の趣味で着飾ることによって、相手に趣味を伝えることができるんですよ。お互いのファッションアイテムをホメ合えるのが、人気の秘密じゃないでしょうか」利用者は約13万人。うち、10~20代が約8割だとか。正直、男には入り込みづらそうな世界ですが、女性は自分のファッションをホメてもらいたいという意識は強いんですか?「そうですね。女性はみんなホメられたいと思います。ホメてもらえるなら、どんな言葉でもうれしいものですよ。そもそも、女性は自分のファッションをホメられたいとき、ヒントをそれとなく出しているもの。ホメ上手になるには、まずは女性をよく観察してあげるのがいいかも。色をホメるとか、目新しいものをホメるとか、具体的な言葉がうれしいですね」なるほど。ホメ上手へ道は、実践あるのみかも。そこで、普段あまりファッションの話をしない同僚の女性をホメてみることにしました。まずは目新しいハンドバック。「かわいいね。あまり見たことないかも」と観察結果を披露。「あらそう?」とあまり気にしてない様子。じゃあ、次はワンピースをホメてみるか。「そのワンピースよく着てるよね。似合うよ」と僕。すると、まんざらでもない様子。顔もほころんでいます。なんだ、ホメるのって思ったより簡単にできそうじゃん! というわけで、一連の言動の種明かしをしてみたところ、「『よく着てるよね』は余計というか、逆効果。それに、どんな感じに似合っているのか言ってもらわないと! ま、ホメてもらって悪い気はしなかったけどね」

うーん、何の悪気もない一言まできっちり分析されているなんて。ホメに具体性を持たせるのは、結構難しいものですね。さりげなく女性のファッションを上手にホメられる男を目指して、これからも精進していきたいと思います。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト