2ちゃんねらーの4割は中年男性!?

あの有名サイトのユーザー層を「ネット視聴率白書」で調べてみた!

2008.09.12 FRI


「ネット視聴率白書」では、有名サイトごとにユーザー層内訳や毎月のアクセス数推移などを掲載。今回の記事のデータはすべて、Nielsen Online社の2008年3月調べです (画像提供/翔泳社)
普段よくチェックしているあの有名サイト実のところ、どんな人たちが見ているんでしょう?

そんな疑問を解決できる本、「ネット視聴率白書 20082009」(翔泳社)が登場したのでさっそく入手。人気サイトのユーザー層を調べてみました!

まずは動画サイト。男性に絞って見てみると、「ニコニコ動画」は20歳未満の層が30.1%。「GyaO」の同層は11.15%で、その3分の1もありません。逆に35歳以上の層は「GyaO」のほうが多く、なんと74.3%。「ニコ動」は42.1%ですから、ハッキリ違いが出ています。ちなみに「YouTube」は、20歳未満が23.9%、35歳以上が54.4%と、比較的若年層寄りの分布です。

続いて、コミュニティサイト代表「2ちゃんねる」は、35~49歳の中年層が多数派。男性42.5%、女性40.4%。20~34歳は男性23.4%、女性25.7%となっています。男女比は63.7:36.3で、(大方の予想通り?)男性のほうが多いという結果に。

一方、「mixi」は男女比が48.7:51.3と、わずかながら女性が多数派。また、20~34歳の年齢層は男女それぞれ39.0%、47.0%。2ちゃんねるに比べて、ユーザーの平均年齢が低そうです。

このほか、企業サイトの「ネット視聴率」も掲載されていて、たとえばテレビ局のサイトは日テレとフジテレビが女性ユーザーがやや多く、TBSとテレビ朝日が男女ほぼ同数、NHKとテレビ東京は男性が多めというデータも。同じ業種でも、各サイトのファン層みたいなのが垣間見られるのは、なかなか興味深いですね。

こんな面白データ満載の「ネット視聴率白書」、そもそもどういった意図で制作されたのでしょうか? 著者の衣袋宏美さんにお話をうかがいました。

「マーケティング資料としての用途をメインに考えています。ですから、構成比指数を基準にした年齢層ごとのサイトランキングも用意しました」(衣袋さん)

構成比指数? 聞き慣れない言葉ですが、アクセス数ランキングと何が違うんでしょう?

「たとえば、インターネット全体で男性20~34歳の層が15%いるとします。そんな中、あるサイトでは、アクセスの30%を男性20~34歳が占めたとしましょう。一般が15%ですから、標準の2倍の比率ですね。この、一般の比率にくらべて何倍かを表した数値が構成比指数です」(同)

なるほど! 特定の世代ばかりが使っている、年齢層狙い撃ちのトガッたサイトがわかるというわけですね。

ちなみに、R25世代とかなりの部分で重なる「男性20~34歳」の層では、ゲームやアキバ系の情報サイト、ファイルアップローダーなどが高い構成比指数を誇っていました。あれ、鉄板のアダルティなサイトはまさか見てるのって自分だけ!? と思ったら、データから省かれているだけで普通に高い構成比指数だったそうです。これはいわずもがな、ですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト