世代でもかなり違うかも…

デートや合コンで男が「おごる」ことにメリットはあるの?

2008.10.31 FRI


ワリカンでも通用するタイプの女性がいることは確かのようだが、相手の女性が、過去に出会ってきた男によっても意識の違いはありそう。職業によっては、無条件におごり覚悟!? 高波伸
先日、知り合いのモテ男クンから、こんなことを聞きました。

「デートでも合コンでも、男がおごっちゃうと、うまくいかないことが多い。逆に、相手にもお金を払わせたほうが、結果的に絶対うまくいくんだよ」

自信満々に持論を展開する彼に、「ホントかよ?」と思いつつも、自分の過去を振り返ってみると、確かに、結構思い当たるフシも。

果たして、彼の持論は、一般的にどのぐらい有効性のあるものなのだろうか? 恋愛コンサルタントの早坂恋子さんに、女性の立場からの意見を聞いてみることに。

「う~んその人が女のコにも自腹を切らせることで、うまくいっているのは、たまたまだと思うんですよ。ただ、多くの女性に恋愛カウンセリングをしてきた見解で言うと、25~35歳ぐらいの女性はデートでお金を出すか、もしくは、ワリカンという方が多いの。なかには、男性に貢ぐ人もいらっしゃるわ」

なんと! それは一体なぜ?

「ポイントのひとつは、お金持ちが多かったバブルの崩壊以降、女性の扱われ方が変わってきているということ。特に、就職氷河期に育った世代の人たちは、男性にチヤホヤされるような思いをあまり経験してないから、『おごられることが当たり前』みたいな感覚が少ないのかもしれませんね」

ということは、前述の彼の持論は有効性がある?

「母性本能が前面に出るコだったり、タイプによっては、おごられなくても気にしないという女のコたちがいるのは確かです。ただし、ワリカンにする場合、相手の職業は選ぶべきでしょうね。それこそ、CA(キャビンアテンダント)とか、モデルなどの男性人気の高い職業のコはおごられ慣れているから、ワリカンにしたら、『ハイ、さよなら』になる可能性は高いですね。そういう意味で、すべての層の女性に有効ではないと思いますよ」

ええ~、結構、確信突いてる気がしてたんスけどね~。

「でもね、自分が恋の可能性を期待した男性には、女のコはお金を出す場合もありますよ。例えその男性が高給取りじゃなくてもデートに来る時点で、好意を持っているワケだから。ただ、本音を言わせてもらえば、初デートぐらいは男性がおごるほうがスマートね。何も高級店でなくていいから、自分の身の丈に合ったオシャレなお店を選んでほしいわね。これがファーストフード店で、『コーヒー2杯で600円だから、キミは300円でいいよ』なんて言われたら、たいがいのコはドン引きしますよ(苦笑)」

ですよね。何にせよ、男としてはスマートな会計を心掛けたいものですな。

(青柳直弥)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト