ファイナル婚活クエストOnline

第2回 婚活サイトってどんなところ?

2009.07.01 WED

ファイナル婚活クエストOnline

ネット婚活で出会った人と同棲まで至った経験があります。結局、別れてしまったのですが、懲りずに同じサイトで知り合った男性に先日プロポーズされました! たぶん年内に結婚します(嬉)。

私の話に触発されて、友人二人が同じサイトに登録してネット婚活を始めました。元彼のお姉さんなんて興味ない素振りだったのにいつの間にか登録して、ちゃっかり結婚までしちゃいました (笑)。

投稿者:mokoさん(千葉県/女性/28歳)

かようにですね、そもそもの大前提として
「自分はどのフィールドで戦うか」という問題があるわけです。

すなわちアレフガルドか、ハイラルか、はたまたワイワイワールドか。
てな具合に、どのネット婚活サイトを選ぶか、
このテーマでお送りします。

では、「たびのつづきからはじめる」!
「Yahoo!縁結び」のトップページ(※クリックで拡大)。画面右下には恋人探しサイト「Yahoo!パートナー」のリンクがあり、目的別にサイトが切り分けられている

さまざまな婚活サービスが存在するなかネットを選ぶ理由とは?



ネットという広大なバーチャ大陸には、自分にピッタリのお姫様がいるに違いない。そんなファンタジーを抱いて始める30代のネット婚活。

あえてネットにこだわるのは、ほら、ぼくたち草食系だし、仕事も忙しいし、自分のペースで婚活をやりたいじゃないですか。

で、ネット上には、古くからある結婚相談所が運営しているサービスやら、婚活パーティのあっせん業者による案内サイト、はたまたSNSの婚活コミュニティでのオフ会情報など様々なまものがありますが、なかでも昨今話題を振りまいているのが「ネット婚活サイト」です。

ネット婚活サイトとは、ひらたく言うと結婚を目的とした男女のための結婚相手探しサイト。自分のプロフィールや写真、結婚相手への希望条件などを登録したうえで、会員を探し出し、気になるお相手にメッセージを送りながら、徐々に理解と愛を深めていくというもの。

しかしネット上には、先に述べたように他にも婚活する手立てがあります。果たして、SNSや恋人探しサイトとネット婚活サイトの違いは何なのか? Yahoo! JAPANが運営する「Yahoo!縁結び」の高田康太さんにうかがいました。

「それは、真剣に結婚相手を探している方だけが集まっていることでしょうか。弊社では『Yahoo!パートナー』という恋人探しサイトも運営しているんですが『Yahoo!縁結び』は男女とも高めの料金(男性4800円、女性3500円)と、本人確認というハードルを設け、本気度の高い方だけがご利用いただけるようにしています。見た目の利用者数の多さをアピールすることはあえて捨てました。他のネットサービスではありえないスタンスですが『本気度の低い方には利用してほしくない』という思いで取り組んでおります」

なるほど。普通のSNSなんかだと、お互いの求めている関係が「メル友」なのか「友達」なのか「恋人」なのか、はたまた「結婚相手」なのか、それぞれ違うことでミスマッチが起こりそうですものね。

では、結婚相談所系のサービスと異なる点は? エキサイトが運営する「エキサイト恋愛結婚」の角倉恵美さんにうかがいました。
「エキサイト恋愛結婚」のこだわり検索の一部(※クリックで拡大)。基本プロフィールの他に「喫煙・飲酒の習慣」「自動車の所有」「田舎派/都会派」「結婚歴」「休日」など30項目で細かく希望の相手を検索できる
「大手結婚相談所ですと、入会金や成婚料含めて年間15~40万円程度かかりますが、『エキサイト恋愛結婚』は男性なら月定額1890円 で利用できます。また、結婚相談サービスでは毎月何人かの候補者を紹介されるのを待つだけですが、当社サイトでは『地域』『年齢』『体型』『年収』『趣味』など30項目の検索条件から、自分の希望の相手を自由に検索してメッセージを送り、自由にコミュニケーションすることができます」

通常の結婚相談サービスでは、自分の意思とは関係なく、氏名や勤め先、顔写真などの個人情報が相手に閲覧されてしまうこともありますが、ネット婚活の場合は本人自らが公開しない限り相手には伝わらないのだとか。

つまり、結婚という目的の下に集まった男女間で、細かな条件を設定して検索し、自由にメッセージのやりとりができる。これがネット婚活サイトの利点といえます。

もちろん人によっては、趣味を同じくするお姫様をSNSのコミュニティなどで地道に探す方が向いているという人もいれば、忙しさゆえに多少のお金を払ってでもいいからお見合いをセッティングしてくれる結婚相談サービスが向いているという人もいるでしょう。

逆にいうと、ネット婚活サイトは自由な分だけ、個人のコミュニケーション能力が問われる場面が多いといえるかもしれません。ん、今までそのアビリティ(=能力)がなかったことが、そもそもの悩みの種だったような?

いえいえ、そこも含めてレベルアップすればいいのです! ここで身につけたアビリティはきっと、婚活だけではなく、ビジネスやプライベートにも有効活用されるものなのですから。
撮影:熊林組 独身証明書の発行は「戸籍」のある地方自治体にて発行される。デスク青山もネット婚活に向けて地元に帰って申請。なお、発行には手数料と身分証明書が必要。複数枚とっておけば安心?

自由に検索、自由に交際ネット婚活サイトは安心して使えるの?



目的を同じにする妙齢の男女がわらわらと集まり、自分の条件から理想の相手を見つけ出し、様々な交渉を行うことで、やがて「結婚」に向かって行動をともにする。そんなルイーダの酒場的存在ともいえるのが、ネット上の婚活サイト。

しかしね。自分のことは棚上げしちゃってお言葉ですがね。顔が見えないネットの世界だけに、どこの馬の骨が混じっているかわからないわけですよ。果たして検索で見つかったこの理想のお姫様は、実在するのかどうかすらあやしいし、それこそバックに暗黒の神々が控えているかもしれない。我々勇者側が不安なんですから、お姫様側からすればその不安はもっと大きいはずです。

つまり、本当に結婚する気のある人だけがサイトに登録しているのか、と。

「当社サイトでは必ず入会時に、運転免許証やパスポート、健康保険証などの書類で本人確認を行っています」と話すのは「エキサイト恋愛結婚」の角倉恵美さん。

「特に男性は決済用クレジットカードの登録も必要です。また、プロフィール欄に書かれてある内容を証明する書類として、任意で『住民票』『源泉徴収票』『社員証』『卒業証書』『独身証明書』などの書類を提出してもらっています」

これら書類は運営側で確認され、住所、収入、職業、学歴などのプロフィールが「本物である」と太鼓判を押してもらえるのだとか。まるで冒険を楽にしてくれる「そうび」のよう。

つまり、本人確認だけではなく、様々な書類でプロフィールを証明することで、より真摯な態度で婚活をしているというアピールになる、と。でも、独身証明書なんてあるんですね?
これが独身証明書だ!(※クリックで拡大) コピーすると「複製」というすかしが出ちゃうのでご注意を。独身時代にしか取れないので、話のタネに取得しておくのもアリです。ちなみに文面は「当市保管の公簿によれば、上記の者が婚姻するに当たり、民法第732条(重婚の禁止)の規定に抵触しないことを証明する」
「実は役所に行けば発行してもらえるんですよ。当然ですが独身中にしか取得できませんので、記念にとっておくのもオススメです」とは「Yahoo!縁結び」の佐藤純子さん。

Yahoo!縁結びも、エキサイト恋愛結婚同様、免許証などによる本人確認のほか、各種証明書でのプロフィール保証を行っているとか。

「加えて弊社ではプロフィールの顔写真と全身写真に対する規定を厳しく設けています。いわゆるお見合い用の写真としてお考えください」

この写真でけっこう掲載不可になる方が多いそう。ちなみに普段着の自分や、思い出のスナップ、ペットなどラフな写真は、別途プロフィールページや日記ページに掲載できるのでご安心を。

ちなみに悪質な会員がいた場合はどうなるんでしょうか?

「会員からの通報があれば、内容を確認のうえ警告したり、強制退会させるなどの措置をとっています。でも基本的に危機意識をもって、個人情報を必要以上に教えないだとか、初対面では個室に入らないだとか、常識的に配慮しなければいけない点については、自己責任で利用していただきたいとは思います」(エキサイト・角倉恵美さん)

「弊社では、会員からの通報を受けて対応するのはもちろん、サイト上のやりとりをチェックする独自システムがあり、トラブルにつながりそうなケースでは、専任のパトロール部隊が早期に対応する体制をとっています。例えばサイト上でのやりとりでは『縁結びID』という番号でお互いを呼び合っていただきます。うっかり本名を名乗ったりすると警告が出ます。不便でもありますが、結果的には安心して利用いただける取り組みを行っています」(Yahoo!縁結び・高田康太さん)

相手の顔が見えないネット世界ではありますが、本人確認や悪質な会員の排除を徹底しているネット婚活サイトなら、ひとまず安心して、そして真剣に利用できそうです。もちろん、自己責任でというただし書き付きですが。

あとはどのサイトに登録して、冒険するかは自分次第。では、健闘を祈ります! というわけで大手インターネットポータルが
主宰している代表的なネット婚活サイトをもとに、
ネット婚活サイトは他の婚活サービスと何が違うのか、
またその「安全性」や「真剣度」についてお送りしました。

月々定額とはいえ、2000円~5000円と
ネットサービスの中では飛び抜けて
高いネット婚活サイト

ですが、印象的だったのは
利用料が高額ゆえに
「遊び半分でやっている人を排除できる」
「幽霊会員が少ない」ともいえるのではないでしょうか。

てなわけで、今回の感想ならびに
ネット婚活サイトを利用している方の
ご意見・ご感想・ご質問などございましたら
下記投稿フォームよりお寄せくださいませ。

さて、次回はいよいよ実践編に突入。

まずはプロフィールの書き方です。
おのれのスペックは羅列できても
肝心なのは自己紹介文。そのコツとは?

賢者のもとを訪ねてみます。では再来週までセーブ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト